さちのひとりごと

チキンハートなクライミング。

瑞牆山十一面岩末端壁:吉田スクール

5月21日(土)
日本離れした壁。バックには残雪の八ヶ岳。

末端壁

課題はなんと「T&T」5.10d 「春うらら」5.11b 「アストロドーム」5.11a
もちろん全部TR。それでも私には早すぎる。

吉田先生のT&T核心

2005年に「調和の幻想」5Pから下ってこのT&Tの最上部に指を入れたら、フィンガー・ジャムバッチリだった。悲しいのは、例の第1関節の節くれがクラック内でロックされてしまうことだ。
散々効きがいい所を探して、消耗してしまう。

2便目:フィンガー・ジャムの効かせ所はわかったが、1便目の疲れでヨレヨレ。左手が決まり右手が決まり、もう一度左手を出そうとすると、薬指の節くれがクラックから外れなくなる。TRと言えども落ちたら指が持っていかれそうだ。シンクラックは向かないのか?がっかりする。

Read More

スポンサーサイト
[ 2011/05/23 14:59 ] 瑞牆山 | TB(0) | CM(4)