さちのひとりごと

チキンハートなクライミング。

北秋川シンナソー遡行~ヒヤマゴ沢下降

6月20日(日)今日は奥多摩の沢登り。歩行能力が衰えているから少し歩くべきだし、歩きたい。でも尾根歩きは暑い。沢登りのお誘いはありがたい。最後に沢に行ったのは、2008年5月奥多摩水干沢。多摩川源流遡行といえばかっこいいけれど、ほとんど歩きだった。

L:たろうさん、SL:すぐりん、ひでさん、カズくん、まみちゃん、ちえ蔵さん、私の7名。
朝8時前自宅出発で間に合う。武蔵五日市~藤倉バス停徒歩3分で入渓点だ。11時歩き始め。
いくつかの小滝を越えて、入渓してから30~40分で核心の3段12m滝だ。「えっ、もうここ?」ちょっとだけリスキーなので、ロープを出してもらった。涼しい。やっぱり沢はいいな。
ゴルュジュが開けてまたいくつかの小滝を越え、3段15mクラック状滝。これは登れず、右から巻いた。
登山道12:30?少し東に進み下降する。

ヒヤマゴ沢の左股だった。この沢の上部は植林の杉や檜が根こそぎ倒れていて、倒木との戦いだった。
ヒヤマゴ沢は下部に2つの小滝があるが、遡行価値があるとは言いがたい。
とはいえ本当に久しぶりに遡下降できて、充実した一日だった。

15:35?藤倉バス停。「出発は?」「あと1分」運転手さんの冷たい視線を感じながら、全員が沢靴にハーネスでバスに乗り込んだ。自宅には18:45 近場はありがたい。
私のカメラは防水ではないので、写真はなしです。どなたかにいただければ出します。
スポンサーサイト
[ 2010/06/20 20:11 ] 沢登り | TB(0) | CM(2)
NoTitle
良い気分転換になりましたね!暑い夏の沢歩きは最高ですね!今年は少しはまってみようと思ってます。焚き火とか露天で寝るとかね~
[ 2010/06/21 10:43 ] [ 編集 ]
NoTitle
沢では滝は極力登らず、焚き火したいです。
温泉あればなおよし。求む釣り名人です。
[ 2010/06/21 22:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する