さちのひとりごと

チキンハートなクライミング。

チマグランデ西壁:Dulfera (デュリファ)Ⅴ+9ピッチ登攀

3日目:7月12日(月)火曜日から前線が押し寄せ、天気がもっと崩れる。
今日も決して安定していないが、明日以降は全く保証がない。
今回はチマグランデ北壁:コミチ・ルート17P Ⅶ級+を目標にしたが、このルート5.13を登った人でさえ登攀終了が24時でビバークになっている。15時にに降られたら核心を抜けていないか、核心を抜けてもⅤ級のランナウトで非常に危険な状態になることが必至だ。

そこで西壁デュリファである。5:40小屋発。

オーロンツォ小屋

チマオベストとチマグランデの間のガリーを登る。約1時間。

ガリーを登る

取り付き手前でイタリア人の若い男女に追い抜かれた。
見えてきた西壁。登攀7:15~13:15

チマグランデ西壁

デュリファ

デュリファは右寄りの凹角ライン。8ピッチ目のⅢ級以外はすべてパートナーがリードした。

登攀開始

1ピッチ目

1ピッチ目はⅤ級のフェース。ランナウト。こちらのグレードはUIAAもデシマルも日本より2つ上に感じる。Ⅴ級=Ⅵ-。1ピッチにハーケン2本程度しかなく、カムをセットできる所も限られる。

ずっと濡れた凹角が続く。持参ギアはキャメロット2番とそれ以下はエイリアン。
エイリアン必携というか、ほとんどエイリアンしか効かない。クラックも不整型だし、穴にセットしないとランナウトするから。フリー用ヌンチャクを10本程度持ってきたが、残置がないので不用。アルパイン・ヌンチャクのみ10本程度で十分だろう。かつキャメロット3番が2個あればよかった!!

6ピッチ目は核心のチムニーだ。荷揚げ作戦をとる。
残置ハーケンなし。カムのセットもいまいち。こんな所で落ちれば大怪我だ。リードは決死の状態。

6ピッチ目のチムニー

7ピッチ目はⅣ+のワイドで持参のギアが小さいため、1個しかセットできない。

7ピッチ目のワイドクラック

8ピッチのみ私がリードとは名ばかり。Ⅲ級15mほどで終了点があり、ピッチをきる。拳大の石が無数に乗っていて、落石しそうだ。

9ピッチはガレ場で全くどちらへ行ったらいいのかわからない様子。YOUさんが掴んだ石が剥がれて落ちそうになる。ここが全ルートの中で一番やばかったかも・・・・。

どうやら上部バンドらしい所に到達して、装備をほどく。後続のガイドさんらしいパーティーも到着。

上部バンドのザレ場


上部バンドからチマオベスト


岩場の花

下降編に続く。
スポンサーサイト
[ 2010/07/21 20:49 ] 海外 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する