さちのひとりごと

チキンハートなクライミング。

チマグランデ南壁ノーマルルート下降

デュリファを登って着いた所は南壁の上部バンドだ。

岩小屋を整地した快適そうなビバークサイトが2箇所あった。

南壁上部バンドのビバークサイト

南壁に向かって右へトラバースして、このピナクルの所から懸垂下降する。下降開始とともに雹が降ってきた。

懸垂下降点
3パーティーが団子になり、50mロープダブルで5回懸垂下降した。イタリアの人が英語で懸垂下降の支点がある位置を教えてくれた。
支点はいずれも側壁にあって、保護色のように目立たない。日本のようにスリングがかかっていたりしないから、教えられなければ、なかなか発見できなかっただろう。

懸垂5P目の1本アンカー

1本のアンカーで5P目を降りたら、「下に向かって左の方向へ行け。」と言われたが、左を覗くととてもクライムダウンできそうもない。(下に向かって)右方向には水平に安定した踏跡があるので、迷わず右へ行った。
南壁をほぼトラバースした所にハーケン3本の支点あり。

6P目ハーケン3本

ロープが岩に挟まって回収不能になりそうなので、6P目と7P目はシングルにした。

朝アプローチしたガリーの1本右のガリーに降りた。ガレ場を下ってオーソンツォ小屋に17:20着。
よれよれなので、小屋にもう1泊した。
スポンサーサイト
[ 2010/07/22 11:23 ] 海外 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する