さちのひとりごと

チキンハートなクライミング。

湯川の氷

1月15日(土) 膝を痛めているのに登りたい気持ち満々のYOUさんと、「歩かない氷」湯川へ行った。ところがサンバー(車)はアプローチ途中で敗退して、20分くらい歩く。
乱菊エリアはすでにクライマーが登って氷がわれてしまっているので、白髭エリアへ行った。
そこでお会いしたのは、PUMP2の顔見知りクライマーだった。狭い世界ですね~。
本には「初心者向き」と書いてある白髭エリア右岸だが、この日は未発達のつららの集合体だ。

白髭エリア右岸
彼はリードしてTRを張っているが、落ち口は薄氷で極めて不安定だ。

落口は薄い

我々は左岸の4級をリード&フォローで登ってトラバースし、この氷柱にTRを張り、3回ずつ登った。

左岸4級

白髭エリア左岸
スポンサーサイト
[ 2011/01/16 23:05 ] アイスクライミング | TB(0) | CM(2)
自然の芸術
繊細な形状の氷の滝!
正に自然の芸術ですね。
見る分には美しいですが、薄氷をバイルで登るのはスリル満点でしょうねgkbl(゜゜;)
[ 2011/01/19 22:14 ] [ 編集 ]
.
そうなんですよ。繊細すぎる。
今年寒いので大丈夫と思ったのですが、2月が良いみたいです。
[ 2011/01/20 07:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する