さちのひとりごと

チキンハートなクライミング。

大谷不動:不動前の氷瀑

1月22日(土) 前泊した湯の丸Pを8時に出る。
昨年学習したので峰の原スキー場からリフトには乗らず、15分で峠まで歩く。(登山者はリフトに乗せてくれない。)今日はお互いが荷物を背負って歩けるかのテストなのだ。車~テント設営まで2時間だった。
昨年と同じ不動前の氷瀑だが、今年は1P目もえらい傾斜が立っているし、YOUさんが触ってみると水が流れてびしょびしょとのこと。上部も悪いだろう。

不動前の氷
左岸を高巻きして、2PトラバースしてTRを張る。
この高巻きが悪いこと!リードしてラッセルしてもらっているのに、リードで落ちてくる雪で、私も胸までのラッセルだ。おまけにアックスは効かず、掴んだ木の枝が折れて、フォローで落ちた!

悪い高巻き

TRを張り終えたのは16時になっていて、上部の氷柱だけを1回登る。
氷質はとても悪い。どのように悪いか言い表せないけれど、アイゼンが蹴りこめない。
テント場には暗くなってからもどる。
毎度ここに集まるメンツは同じで、YOUさん所属の会の宴会だ。
スポンサーサイト
[ 2011/01/24 09:11 ] アイスクライミング | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する