2月13日(日) 晴れて寒い。昨日降ったので、私の車は相沢登山道より少し下までしか入らない。
登山道を10分くらい行って最初の分岐を左の踏み跡に入り、沢を渡って行く。歩き難い。
奥壁の直前で7mくらい滑落した。凍った滑滝に新雪が積もっていたのだ。
なんだかんだと2時間15分かかった。たどり着いた大氷柱はとても私の手に負えるような物ではなかった。

相沢奥壁大氷柱
YOUさんのリードで登攀開始11:00 右よりの凹角が弱点に見えるが、取り付いてみると凹角はハングしている。

ハングした凹角

アックスの引っ掛けも多く「よほど落ちるかと思った。」スクリュー多めに入れていて、30mの所でピッチをきる。Ⅴ+

大氷柱2

大氷柱3

この氷柱は全部で80mあるらしいが、一般的には立っている部分50mで終了する。
私がフォロー中にロープがつららにかかって外したり、外す時に絡まってしまった。

TR

2P終わって2人で下に降りると13:50だった。
休憩して、中央のさらに難しいラインをTRで登った。

帰りは沢の左岸につけられたトレースを進むと、尾根と沢をトラバースして、登山道の上部に出た。
「荒船山70分」の指導標がある。これが最短アプローチだった。1時間で車に戻る。
スポンサーサイト
2011.02.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://s2339.blog43.fc2.com/tb.php/240-3d1a5123