さちのひとりごと

チキンハートなクライミング。

早戸大滝と雷滝

日曜の午後遅く出て、下道をチンタラ60km走る。
丹沢の懐深い所でサンバー(車)に泊まる。

5月9日(月) 林道ゲート7:00 幻の大滝8:45

早戸川流域

大滝手前では道とは言えない状態で、迷い易かった。
度々の渡渉で靴が濡れる。一応一般向けなので、ケルンやテープがいっぱいあるが。
「観光」というにはあまりにもグレードが高いだろう。

早戸川

5月の丹沢で雪渓?

丹沢の雪渓

やっとこたどり着いた大滝。

早戸大滝

陰の部分が多いので暗く、苦労してたどり着いた期待のほど美しくはなかった。
でも丹沢近郊に住む者としては、やっぱり一度は訪れるべき所だ。
雷平に戻って原小屋沢のF1である雷滝を見に行く。

雷滝

こちらの方が歩き易いし、美しかった。

雷滝は右岸の道でたやすく高巻くことができる。

雷滝の高巻き

滝上から10分ほどで沢靴でないと困難になり、撤退する。4時間半のハイキング。
スポンサーサイト
[ 2011/05/09 20:13 ] 山歩き | TB(0) | CM(2)
九死に一生を得て命の洗濯・・ですね。
昔、丹沢の山や沢を歩いたことがあります。
あれはどこだったのだろう・・・

岩にしろ沢にしろ・・・・お互い山からは離れられそうもないですね。
[ 2011/05/11 20:40 ] [ 編集 ]
丹沢!大遠征ですね。
私も四国の三嶺に行きました、
いい山でした。また年をとってからでも行ってみたいです。
[ 2011/05/12 08:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する