今日は台風なのでお休みです。
町へちょっと用事があるのですが、1日中なのが気になります。

風向きと放射線のことを調べていたら、ドイツのサイトがありました。
時差があるのですが。放射線が全国規模の問題というのを感じます。

風向きと放射能

前の記事「参議院行政監視委員会」リンクさせていただいた動画の参考人先生の発言に、こういうことがあります。

テレビなどで発表されている「新宿の放射線量は0.07μシーベルト」などとなっているが、これはγ線であり、体内被曝をきたす或るα線やβ線の量は発表されていない。
今東京の風にある体内被曝をきたす放射線量は、20μシーベルト/h

ということは20×24×365=約175mシーベルト/年
1000μシーベルト=1mシーベルト
1000mシーベルト=1シーベルト

いったいどれだけ体内被曝する??
どこに逃げても安全ではないし、もうそろそろこの世を離れてもいいから、自分のことはあまり心配していませんが。

放射線には「ホットスポット」という限局的に線量が高い地域がある。
福島第一原発から27kmの赤宇木という地域が特異的に高かったということが
NHKの特集番組になった。
身近では東京の金町、千葉の柏もそうであると言われているらしい。
スポンサーサイト
2011.05.28 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://s2339.blog43.fc2.com/tb.php/287-31daa371