さちのひとりごと

チキンハートなクライミング。

Entries

カルガモの赤ちゃん

家(東京都23区内)の近くでカルガモのお母さんが、赤ちゃん10匹くらい連れて車道を横断していく。

病院の方から川の方へ。(病院で出産したの?)

親が15cmくらいの路肩に飛び乗ると赤ちゃん5匹くらいは、お母さんと同じように、ジャンプをオンサイト。3~4匹は2度も3度もフォールを繰り返したが、最後は成功した。

ところが最後のは自分の2倍くらいの高さに何度フォールしても飛び乗れない。
クライミングみたいだ。車も自転車もバイクもみんな渋滞しながら、ガンバ、ガンバ!!
人間が手を貸そうとしたら、当然道の反対側に逃げる。
車に轢かれそうになった。きゃ~!

どうなるカルガモの赤ちゃん。弱い子は淘汰されていく、厳しい動物の世界だ。
スポンサーサイト

Comment

動物の赤ちゃん 

動物の赤ちゃんって、どうしてあんなに癒されるんでしょうね♬

…って思ったら厳しい自然界のお話でした(・▽・;)
  • posted by MONA 
  • URL 
  • 2011.06/20 12:51分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

ホントにかわいい~。MONAさんの2匹もね!
写真がないのが残念です。
10匹中の何匹が育つのかなと思いますけど。
  • posted by さち 
  • URL 
  • 2011.06/20 15:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

で、それで、そのカルガモちゃんはどうなったのですか?
  • posted by  
  • URL 
  • 2011.06/23 00:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

それが、 

わからないんです。
親も2度までは迎えに来たけれど、3度は来なかったし。道の反対側の茂みに入って、行方不明?
助けてあげられないのです。(涙)
  • posted by さち 
  • URL 
  • 2011.06/23 21:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

最近の記事

プロフィール

さち

Author:さち
さちです!
写真は家にいる雌ライオン「さち」

ブログで世界旅行(スイス編)



presented by スイス旅行

FC2カウンター

日本語→英語自動翻訳【星条旗】