夏のための渡渉と泳ぎトレーニング山行である。
ゴルジュの番号は山と渓谷社「東京基点沢登りルート120」宗像兵一編著による。

おいらん淵の慰霊碑があるPに車を停めて、即クライムダウンで入渓する。

L:aoさん、M:YOUさん、miyaさん、M茂さん、会長、さち (中年6名水流を行く。)

8:00-大常木谷出合上の屈曲部13:15-林道13:25-おいらん淵P14:00頃

一の瀬川入渓

しばらく行く④のゴルジュとなる。フローティング・ロープは水に浮いてくれて、ありがたい。
ロープで引っ張ってもらって、楽ちん。

ゴルジュ

miyaちゃん

会長




⑤のゴルュジュは突破できず、右岸を巻く。

右岸から巻く

ハーケンが2本あり、7mほど懸垂下降する。

懸垂下降

⑥のゴルジュ
YOUさんのリードでフィックスロープが下がる左岸を高巻いた。

⑥ゴルュジュ

下を見ると巨大な倒木にaoさんが乗り、M茂さんと会長が倒木を押して水流を突破していた。

流木でゴルジュ突破組

ゴルジュの上の美しい3m幅広滝。

3m幅広の滝

⑦ゴルジュは一見して突破できず、ロープを出して左岸を巻く。

⑦ゴルジュ高巻き

その後は穏やかな流れ(と言っても時々腰まで)になり、大常木谷が出合って少し行った所の大屈曲部前から林道に上がる。

穏やかな流れ

aoさんが準備してくれたウェットスーツ、ライフジャケットのおかげで、心配していた腰の冷えもなく、大充実の水流突破練習ができた。水のリードaoさん、高巻き(クライミング)のリードYOUさん、そして皆さんありがとうございます。

スポンサーサイト
2011.06.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://s2339.blog43.fc2.com/tb.php/298-e8dca926