肩の障害

2011.11.15 21:08|体の管理
医学的知識はないけれど、なぜ肩が痛くなるのかな?と思って、書いてみた。
菊地敏之氏&前之園多幸氏の「クライマーズ・ボディ」
登る整形外科医:前之園先生の難しい解説をやっと読み始めた。

吉田先生に頸をマッサージしていただいても、1~2時間でまた凝ってしまうと指摘された。
その原因として思い当たることはなにか?

クライマー特有の「巻き込み肩」
ジムで観察していると、多くのクライマーが「猫背」風である。「背中が亀」ということだ。

それに加えて自分は20歳台から「ストレート・ネック」を指摘されている。
頸は生理的に前湾しているのが普通だが、私の場合は直立している。
それが、肩や腰に大きな負担をもたらす。

ではどうしたらいいの?
整骨院で肩のインナーマッスルをストレッチしてもらうと、調子がよくなる。
しかしこれは自分ではできない部分だ。インナーマッスルとは、小胸筋のさらに内側にある。肩甲下筋
など。インナーマッスルは強く鍛える必要はなく、小さい歯車として活性化させるのだそうです。


しかし、吉田先生が教えてくれた鎖骨の上あたりと小胸筋のある鎖骨の下あたりをマッサージすると、結構良い。

そして整骨院の先生いわく、ストレート・ネックに湾曲を出すためには、低い枕(バスタオル2~3枚)から慣らして、徐々に枕の高さを上げていくとよいそうです。今日からやってみよう。

結果を後で報告したいです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

プロフィール

さち

Author:さち
さちです!
写真は家にいる雌ライオン「さち」

月別アーカイブ

ブログで世界旅行(スイス編)



presented by スイス旅行

FC2カウンター

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

English English得袋.com

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード