2月5日(日) 5:15出発。トレースが消えるほどではないが、夜のうちにまた新雪が積もった。6:50登攀開始。9:00 F1 終了。もちろんYOUさんリード。

右ルートをF1を登るYOUさん

氷が硬く粘性がなく、ものすごくパンプする。激悪だった。
私はフォローでアックステンションで切り抜けられず、2回くらいフォールした。
距離は約40mだが、大ラッセルしてもらって、F2に取り付く。

見た目はカーテン状の美しいF2だったが、取り付いてみると見た目よりずっと傾斜がある。

右ルートF2に近づく

フォローして、スクリュー数の2倍アックステンション。そしてF1での疲労で、やがてアックスにフィフィをかけることもでくなくなり、フォールを繰り返した。

右ルートF2

右ルートF2を登るYOUさん

今回の右ルートF1、F2は私が体験した中で、一番難しかった。F1:Ⅵ級 F2:Ⅵ-?

取り付き戻り12:50 テント撤収して出発14:30 スキー場着17:10
アプローチ、登攀の両方で、米子不動のような身体のダメージを感じた。
全部リードとヨレヨレの私に代わって前半の運転、YOUさん、ありがとうございました。
スポンサーサイト
2012.02.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://s2339.blog43.fc2.com/tb.php/383-cb05c193