4月29日(日)
1:30起床 3:00二ノ沢の頭出発 第1岩峰4:30-4:45 鹿島槍南峰9:00 北峰 冷池12:30-13:00(大休止)西沢経由大谷原16:55

第1岩峰へ

歩きが遅いので早く出発する。しかしほぼ同じ時間に出発した3人Pは、はるか先に行ってしまわれた。
約1時間半かかって、第1岩峰に到着する。ここで、すでに到着している先行Pの登攀を待つ。
ここくらいリードすべきだけれど、昨日からの脚の痛みありYOUさんに甘えてしまう。
第1岩峰は下部10mほどが岩だったが、手ぶれして草付きの写真しか撮れていない。
凍った草付きをダブル・アックスで登って行くと、50mロープいっぱいまで伸ばすことができ、いつのまにか先行Pを追い抜く形となったらしい。

第1岩峰

第2岩峰までの雪稜歩きで私が後続Pとなった女性2名に追い抜かれる。
しかしYOuさんが先に第2岩峰に到着しているので、先に取り付かせていただく。

第2岩峰

ロープがクラックにスタックしそうになり、ここでピッチをきっている。
写真では真上にチムニーが見えるが、このチムニーではない。
ルートはこのハーケン4本あるビレイ点から左へトラバースしてチムニーに入る。
核心手前のハーケンはぐらぐらしていた。
2P目核心のチムニーはそれなりに難しかった。
アイゼンでちょっとスメアリング。

第2岩峰2P目チムニー

ルートの核心を抜けて、荒沢ノ頭へ向かってきれいな雪稜を行く。写真の左下に、天狗尾根が合流している。

第2岩峰上からの二ノ沢の頭

ずっと続くきれいな雪稜。息がきれる。

北峰へ向かう

雪稜

鹿島槍北峰。気分はヨーロッパ・アルプス。

鹿島槍北峰

北峰から仰ぐ南峰は圧倒的なボリュームがあり、プレッシャーを感じる。

北峰より南峰

急斜面だとかえって両アックスに頼り、痛む右脚をかばうことができる。
なんとか南峰頂上に到着。

南峰頂上

剣岳を後ろに。

剣立山を後ろに

しかし、私には下山が最大の核心。頂上からガレ場となり、夏道が露出している下りは泣きそうなほど脚が痛い。

冷池手前から南峰と北峰

トップで登頂したのに、冷池前ですべてのパーティーに追い抜かれる。(私が)
山荘で大休止して、ほんとは山荘に泊まりたかったけれど、ゆっくり赤岩尾根を下ってみる。
あまりの遅さにYOUさんがテントを担いでくれた。ホントにどうもスミマセン。
高千穂平までも行けるか不安だ。赤岩尾根のトラバースを終えた所で、男性2名が西沢をさっと下って行くのが見えた。沢を下ると速いようだ。私たちも後を追って下る。

冷池山荘

尻セードの練習をしながら下る。最初は傾斜があるので、ピッケルでいちいち止めながら下るのでスピードが上がらないが、脚には負担がこない。デブリがいっぱい。でも、今は雪が安定している。

なんとか大谷原に下ると、ほんの一足のちがいで後続3名の方が赤岩尾根を下ってこられた。木登りなどがあって、悪かったとのこと。よかった。赤岩尾根だったら下れなかった。

だいたい17時だが疲れているし、もともと3日の計画だったので、入ってお食事して、道の駅に泊まって帰る。やっぱり尾根上にテントより楽だ。(あたりまえか)
スポンサーサイト
2012.04.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://s2339.blog43.fc2.com/tb.php/412-e1e77926