さちのひとりごと

チキンハートなクライミング。

危険なボルト

5月21日(月) 飯田橋の労山事務所で井上大助さん講師のボルトに関する学習会に行ってきました。

労山もそうでない人も、東京周辺クライマーが約50名ほど集いました。皆さん、意識が高いです。

信頼性の高いボルト:①ケミカル・アンカー ②グージョンボルト ③ケミカル施行した全ネジ・ボルト
要注意なボルト:①オールアンカー ②カットアンカー ③アルミハンガー ④自家製ハンガー ⑤RCCボルト 
使用したくないボルト:①リングボルト ②アイボルト ③ネジがゆるんでいる物 ④腐食している物 ⑤きちんと打たれていない物

内容の多くは著書:アウトドア・クライミングに書いてあります。

今、岩場ではガルバニックコロージョン(異種金属の接触による腐食)が進んで、危険な状況があります。

錆びたハンガー

この写真のように、ハンガーが鉄でボルトがステンレスの場合は、ハンガーを交換すればまあまあ安心です。逆の場合はどうしようもありません。

とりあえずご報告です。加筆するかもしれません。
スポンサーサイト
[ 2012/05/22 20:39 ] クライミング情報 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する