さちのひとりごと

チキンハートなクライミング。

マラ岩:イレギュラー5.10d

10月17日(土)15時から1時間だけ、が降る予定。1便なら登れるのでは?という予想で、朝東京を出た。

【言い訳の集大成】:左足の捻挫が木曜日のPUMPでいつもの軽く10本トレーニングで悪化した。ジムは岩より傾斜があるから、知らないうちに捻挫した足を捻る向きに壁を蹴ったのだと思う。
右足は骨膜に及ぶ深い部分からの内出血。完全に腫れが取れるのは難しい。
ジャック豆RPの前に、無理なフットジャムで右足小指の腱を伸ばした。なので、クラック休業中。

川上小唄から登って、マラ岩頂上をトラバースしてイレギュラーにTRを張った。
2005年?TRで取り付こうとしたが、最初のホールドが保持できなくて、ステミング体勢から離陸できず。なので、これが事実上の1便目。ホールドはなんとか保持できた。下りながらトライしたので、核心部分はわからない。14:30小雨が降ってきて、怪しいヌンチャクがマラ岩頂上に残置された。

18日(日) 左足の患部が痛いし、今シーズンのRPには拘らない。
川上小唄~トラバース(どうでもいいけど初めてフリーでトラバース。)~イレギュラーのTRと3倍楽しめる。なんとかムーブがつながった。

パートナーがイェロー・クラッシュ5.12aをRPして、めでたく今シーズンの小川山は終了した。
私が慢性5.10クライマーだからなんのアドバイスもできず孤軍奮闘していたYOUさん、本当におめでとう!!
スポンサーサイト
[ 2009/10/19 18:05 ] 小川山 | TB(0) | CM(2)
感謝の心
登ったのは自分ですが、登れたのは何気ないヒントになる会話や、アドバイスをくれた周りの人のおかげです。
そして、くじけそうになった私の心をふるいたたせた、若葉さんのジャック豆とレギュラーのレッドポイント。負傷中にもかかわらず、限界グレードに挑み続ける姿に勇気をもらいました。
私の孤軍奮闘はいつものことだけど、今回はみんなの後押しがあったからこそ登れました。イエロークラッシュは、ジグソーパズルをやっているようでした。
初めは何から手をつけてよいかわからずに、ひたすらもがいていました。
毎回カタツムリのような前進でしたが、レッドポイントの時は、一気に最後のピースがはまるように登れました。
17日に雨が降り、1便で止めて暖かいお風呂に入りました。真っ白に燃え尽きたような疲労を感じました。その後若葉さんがマッサージをしてくれて、疲労回復できたのが今回の勝因でしょう。
長い間ビレーしてくれた若葉さん、ありがとうございました。
レッドポイントした後は、紅葉と青空が鮮明に見えました。入れ込み過ぎて周りがよく見えてなかったのですね。
[ 2009/10/21 00:13 ] [ 編集 ]
私も
感謝しています。いつものビレイ、運転、私が怪我をした時の対応、そしてこんなふうに言っていただけること・・・。
マスターオンサイトがいいのはわかっていますが、できないルートをやっていく中で、いろいろ学びますよね。できたとき、「ムーブするってこれか!」と思います。
全然お買い得じゃない、小川山の本当の12aおめでとうございます。これからもよろしくお願いします。
[ 2009/10/21 19:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する