さちのひとりごと

チキンハートなクライミング。

Entries

黒部4日目:赤木沢・5日目

7月31日(火) ビバーク地6:20 赤木沢出合7:00 北ノ股岳鞍部13:30 太郎平小屋16:00

通常に下から遡行するなら左岸をへつって赤木沢に入れるが、我々は上流から下っているため、出合いを腰上まで浸かってトラバースして入渓した。

入渓して最初の滝。この美しさ!!

赤木沢F1


ナメ滝帯


ナメ滝


4連爆入り口

4連爆の1段目は左から小巻きすることができた。2段目は見るからに登れない。
ガイド本では「右の草付きから巻く」とある。

4連爆2段目

草付きの出だしで、ライン取りのミスから足が滑り、落ちそうになった。大変に危険だった。
草付きに対する警戒心が甘く、大反省。
高巻くためにトラバースする踏み跡が消えている。なのでYOUさんはさらに上に登り、笹薮帯をトバラースして、25mロープで2回の懸垂下降して、沢に降りた。3段目、4段目も巻いてしまった。この大高巻きに50分かかった。しかし、草付きより藪の方が安全だ。
この有名沢で、みんながこんなに危険な思いをしているのだろうか??
みんなどうやって巻いているのだろう??家に帰って調べると、この記録があった。参照させていただきます。
1段目と2段目は続けて左から巻く踏み跡があるらしい。2段目取り付きに降りない方がよかった。
3段目と4段目は、右から小巻きにできるらしい。とにかく無事でよかった。ご迷惑、ご心配かけました。

後は直登できる小滝が続く。

小滝

小滝

さらに小滝の連続

やがて、赤木沢大滝30mが現れる。
ここは右の岩場から巻く。難しくないが高さがあり、落ちれば危険なので、ロープを出して登っていただく。25mロープで4ピッチ。aoさんにお借りしたロープ、ありがとう。

赤木沢大滝30m

この後、私のカメラのメモリーがなくなった。
源頭のお花畑も稜線からの景色もすばらしかったので、写真をいただければ、後日出します。

さて稜線に詰めて北ノ股岳を下るのだが、この頃から4日分の疲れが出て、私の腿の古傷(肉離れ)が痛い。YOUさんも足の爪にダメージがあり、どんどんスピード・ダウンした。かなりつらい思いをして、16時に太郎平小屋に着いた。小屋に13時に着いたら、その日下山しようと話していたが、とても無理。
小屋に泊まる。小屋の中でも普通に歩けない。

8月1日(水) 太郎平小屋6:15 折立11:10 実に5時間以上かかって、要介護状態ですみません!ちょっとした段差があると2本のストックにすがっても前向きに降りられず、横向きか後ろ向きになるのです。あ~、もう長期縦走はきびしいかな~。とにかく帰って来られてよかった。YOUさん、本当にお世話になりました。


スポンサーサイト

Comment

綺麗ですね 

さすがデイト沢と言われるだけあって素晴らしい!!
  • posted by 島 
  • URL 
  • 2012.08/03 04:51分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

超~オススメの沢すす!
ぜひ、行ってみてください。
  • posted by さち 
  • URL 
  • 2012.08/03 07:39分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

うわさ通りの沢ですね!青い空がバックで天気に恵まれると美しさ倍増の感ありです。うらやましいぞ!!
  • posted by ao 
  • URL 
  • 2012.08/03 09:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

そちらも天気が良くて、十二分楽しかったでしょ。
今回は「梅雨明け10日」伝説が当たりましたね~。
  • posted by さち 
  • URL 
  • 2012.08/03 20:06分 
  • [Edit]
  • [Res]

花と青空と岩魚 

私は今回は無事でしたが、膝が悪いので、さちさんが後ろ向きでないと降りられない時の状態は、理解できました。
私は赤木沢は易しくても、決して油断できないと考えていました。
入山4日目で疲れているし、何か起きるとすると、おそらく、るんるん気分の赤木沢だろうと。高巻きの安全度は、草付<<笹<<ブッシュですから。大滝の高巻きのほうが気楽でした。
赤木沢は美しく、天気は快晴で、詰めは花が満開。そして赤木平の草原も素晴らしかったです。ぷりぷりの岩魚も美味しかったです。今回は黒部川源流と赤木沢で出会ったのは一人だけで、貸し切りに近かったのが良かったです。
今回もいろいろありましたが、結果オーライでした。さちさんと行けてよかったです。来年は反対側の沢に行きたいです。
  • posted by you(動物写真家) 
  • URL 
  • 2012.08/03 22:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

私の介護で最後は大変だったのに、そう言っていただけるとうれしいです。今回の山行は、一生思い残すことないくらい、楽しいものでした。でももっと年をとってから、もし行く機会があるなら、今度は温泉方面にもっとゆっくりハイクしたいなんて思います。
  • posted by さち 
  • URL 
  • 2012.08/04 08:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

ううう・・・いつか行きたい・・・
  • posted by imarin 
  • URL 
  • 2012.08/18 21:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

imarinn いつか行ってくださいな。雲の平、高天原と縦走だけでも極楽です。
  • posted by さち 
  • URL 
  • 2012.08/20 20:21分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

最近の記事

プロフィール

さち

Author:さち
さちです!
写真は家にいる雌ライオン「さち」

ブログで世界旅行(スイス編)



presented by スイス旅行

FC2カウンター

日本語→英語自動翻訳【星条旗】