8月25日(土)
予定では1日目にピラミッド・フェースを登り、4尾根取り付きでビバーク。2日目に4尾根~Dガリー奥壁だった。しかし、いろいろな理由で変わっていった。

7:20広河原 白根御池~二股11:00 C沢~ピラミッド・フェース取り付き13:50頃 1ピッチ終了してC沢下降 ビバーク

ピラミッド・フェ^ス
まず広河原を出発して20分の所で、「大樺沢」の標識に従って左へ入る。ところがその直ぐ先でまた道が分岐していて、自然と御池小屋への尾根コースへ入ってしまった。ハイキングの初歩的なミス。
周りの人に聞くと、5~6人以上の人(それぞれ別々パーティー)が「私も、私も、私も・・間違えました。」と言っていた。ここで、約1時間のロス。今後の行程がきついものになった。

御池小屋経由で二股に降り、ビバークのために雪渓から垂れる水を各自3リットル汲んだ。
結構荷物が重くなり、2時間近くあえぎながらC沢出合いに到着。
ところがC沢手前のバットレス沢には、とうとうと水が流れていた。
バットレス沢の目印である大岩が見当たらない。本当にここか?岩に黄色のペンキで「バットレスガリー」と読めるような読めないような字が書いてあった。位置的に合っているだろうとのことで、C沢を詰める。

ピラミッド・フェース1P目

右に十字クラックを見る、間違いないはずのビレイ点からYOUさんが登りはじめる。しかし3級+にしては異様に難しいようだ。残置が少なくマスターカムとキャメロット#0.75を持って来ているが、もう少しないと恐そうだ。
ムーブも小さなフレークで体を振ったり、思い切って乗り込む所あり。2人ともアプローチの疲れで脚がつり、時間的にもあと5ピッチは無理なので、下りる。

米この記事をUPした後で、YOUさんから連絡あり。昔の写真集を見ると、この写真で登っているラインより約2m右に顕著なフレークがあり、そこが正しいラインらしい。でも、こんな立派なビレイ点があると、ついそこから直上してしまう。アルパインのルートファインディングは本当に難しい。

十字クラック

C沢を下って、某所でビバーク。シュラフカバーに入り、ツェルトをかぶって寝る。
ビバークってつらいイメージしかなかったけれど、この条件なら快適だ。
夕暮れの鳳凰三山を眺めて、テントの中ではなく本当に大自然の中で寝るのは、ぜいたくだ。

鳳凰三山

ビバーク・セット

なんちゃって、本当にピンチになってビバークは大変だろうけど。
スポンサーサイト
2012.08.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://s2339.blog43.fc2.com/tb.php/443-e37e13cd