これはずっと書かないでほしいと言われていました。
でも、YOUさんのビックプレゼントRPまでの過程がただクライミングだけではなかったのと、有笠の岩質のリスクを改めて考える意味で、了解を得て書きます。
5月下旬にビックプレゼントの5本目のボルトが抜けた。

なので9月のトライは、まずボルトを打つことに始まった。以下、すべて施工者は当然YOUさんです。
9月下旬の雨の土日に抜けた5本目と4本目、3本目に50㎜~70㎜のステンレスのウェッジ・アンカーを手打ちで打っている。その作業は労力が大きくて、どっかぶりの岩から剥がされないように、エイリアンやスカイフックでセルフビレイを取っていた。手でやるので、相当疲れるようだ。
この週は彼はボルト3本打つ作業に終始して、ほとんどクライミングにならなかった。

労力の大きさから、YOUさんがドリルとトルクレンチを購入。
10月に入って、6本目を打つ。このあたり、旧ボルトも残している。
大地讃唱がある岩に比べて、右壁は岩質が硬く、このアンカーで信頼できるとのこと。
ビックプレゼントはここからまともにトライできるようになった。

そしてアップで登る「苔の庭」の2本目、3本目のアンカーは鉄であり、真っ茶色に錆び錆びであり、これが抜けるとテラス落ちは確実なので、ステンレスのアンカーに換えてくれた。岩質は右壁よりさらに硬いとのこと。

そして11月、私がトライしている「夢の浮橋」の2~5本目は150㎜のケミカル・アンカーを施工した。
5本目はやや硬い。2~4本目はドリルが簡単に入ってしまい、薬液も予定していたよりずっと多く入ってしまった。つまり岩の中がスカスカということだ。

このルートを初めて見た時、恐かった。2本目はすでに3箇所にボルトが打ってあった。
岩が柔らか過ぎて、リボルトを試みた人があきらめたのだと思う。

このような岩質を知って、ボルトを使用する方は自己責任で使っていただきたいと思います。
旧ボルトよりは、よほど信頼性があると思いますが。
心配な場合は、旧ボルトも残してあるので、固定分散でカラビナをかけてクリップしたらよいと思います。
スポンサーサイト
2012.11.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://s2339.blog43.fc2.com/tb.php/461-dd739d65