さちのひとりごと

チキンハートなクライミング。

湯川の氷

1月13日(日) 今シーズン、アイス事始め。
がないからと660㏄FRのサンバーで決死の突っ込みをしてもらって、氷の近くへ車をつける。
乱菊エリアにはすでにTRが張ってあった。ミクロトワンソンは上部がスケスケ。
YOUさんに橋を渡ってもらい、白髭エリア左岸にTRをセットしてもらった。

白髭エリア左岸の氷
やがてどんどん車が到着して、白髭エリアだけでも保科スクース他、数パーティーで大賑わいだった。

お互いTRの貸し借りをして5本登り、少し慣れたかな?
YOUさんいわく、「フリーに感覚を戻すのは時間がかかるが、氷に戻すのは早い。」ということです。

右岸の氷も昨年より上まで氷っています。

白髭エリア右岸の氷

白髭エリアの奥までめずらしく氷っています。釜があるので取りつくことはできないけれど。

白髭エリア奥の廊下


リンクスはM10に比べて、前爪の位置が少し内側寄りに感じる。これも感覚の問題で、慣れるべきかもしれない。

川上ヘルシーパークでに入って、某所で車中泊。明日はお気楽な岩根山荘の氷だと思っていた。

ところが起きてビックリ。町が10㎝のラッセル!!
道路的に何が起きるかわからないから、帰りましょう、帰りましょ!

南岸低気圧なら、太平洋に近い中央道は閉鎖のリスクがある。当然、上信越~関越道を選んだ。
ところが苦労して佐久ICまでこぎつけると、碓氷峠閉鎖!
それで一般道を内山峠へ向かった。この下りは自信なくて、運転交代。反対車線はチェーンつけていないため座礁しているトラック群のために大渋滞だ。こちらはなんとか抜けて私に替り上信越道in これで核心が終わったと思った。
ところが関越道は本庄児玉~練馬通行止め。中央道はなんと開通している。。うそ~。

R254に出てからも苦難の連続で、命からがら世田谷にたどり着きました。
運転がやばくなればYOUさんに交代してもらって、ほんとにありがとうございました。
ひとりだったら、絶対この日のうちに帰れなかったです。13時間かかって、川上村は岡山と対して変りないです。
スポンサーサイト
[ 2013/01/15 20:41 ] アイスクライミング | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する