2月16日(土)
乙女の滝は2008年2月の3連休大雪の翌日に、ひとりで偵察に行った。付き合ってくれる人がいれば、自分でリードできそう。今回、所属の頂山の会に声をかけて、やっと実現した。故あって急遽YOUさんも参加することになった。

1日目はテント場を求めて行ったり来たりして、結局清兵衛の浸出し前にテントを張った。
そして清兵衛沢F1で練習。世田谷山友会3人さんも一緒だ。
初めて氷にアックスを振る組長は「楽しい!」と、はまっている。

清兵衛沢F1
2月17日(日)
清兵衛の滲み出し前テント6:00 山の神7:00 乙女の滝前7:30 登攀開始8:00 F5大滝終了12:00 取りつき戻り14:30 テント戻り16:45 車17:45

昨日先行して乙女の滝前にテントを張っているT会の方々のトレースがありがたい。

鷹見岩前沢もこんな感じに発達している。

鷹見岩前沢

山の神を過ぎるとトレースの傾斜もなくなり、雪のおかげで踏み抜きもなく、乙女の沢F1に到着した。

YOUさん―テトラオドンさん、さち―組長で組んで、YOUさんとさちがリードする。

乙女の沢F1


F1の上

滑床のF2と3mバーチカルというF3は雪に埋まって、影も形もない。しかし深い雪の下は氷だから、要注意。

F2,F3

先週に続きアイス2回目のテトラオドンさんもムーブがきまっている。

テトラオドンさん

ところどころ雪氷でスクリューが効かなかったり、雪に埋まって氷質がわからなかったりしたが、氷はおおむね硬い。

鶏冠山

大滝に取りつくあたりから疲労感あり。下段を30mほどでスクリューでピッチをきった。

F5大滝下段

雪がなかったら、もっとふくらはぎがパンプして大変だっただろう。

F4を下る

下降は左岸から立木で3ピッチ懸垂下降。(60mダブル)F2とF3を歩いて下り、右岸へ移って木に残置されたスリングとカラビナで乙女の滝(F1)を下る。ヨレヨレ。みなさんに荷物を持っていただいて、助かりました。
おかげで憧れの沢に行けました。2008年に偵察した甲斐がありました。
スポンサーサイト
2013.02.18 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://s2339.blog43.fc2.com/tb.php/485-b96bdd98