さちのひとりごと

チキンハートなクライミング。

指故障

4月8日(月) 前日発日帰りクライミング。

左手の薬指が腫れて痛いので、3ピンまでプリクリップして、5~6ピンまでチョンボで3便練習。
2ピンまではなんとか行けるようになった。3ピンのクリップホールド3手手前がとれない。取れる確率は依然として20%
今日の目標は3ピンまでのノーテンション。それはできなかった。しかし3ピンすぐ上の「マンボウ・ホールド」がいんちきくさく取れた。そのあとのムーブもテンションといんちきくさく決まってきた。
オーバードライブは私の中で生涯課題から5~6年課題に昇格したけれど・・・・
左手

3月31日城山でオバドラを登った後から、左手の薬指が腫れて痛い。
このルートに指を酷使するホールドはないのに。

4月4日 Pump2 指は気になるほど痛くなかった。
4月6日 Pump1 ロープをたぐるだけでも少し痛い。
4月8日 城山 オバドラ 腫れているから無理せず6ピンまで。

今日あまり腫れているので骨折?と思い整形外科に行ったら、「ブシャール結節」とのこと。
要するに長年の使い過ぎで、変形性膝関節の指バージョンとのこと。

ブシャール結節

第1関節の場合はヘバーデン結節(これはもう、とっくになってる。)
第2関節の場合はブシャール結節と呼ぶそうです。

「ダイエットは?」
先生:「10kgも減らせるはずないし、クライミングをやる以上治らないし、進行していくでしょう。」

クライマーにはこの障害は多いですね。みなさんどうされていますか??


スポンサーサイト
[ 2013/04/09 21:07 ] 城山 | TB(0) | CM(2)
パキった…とは、ちがうのでしょうか?まあ、しばらき休ませたほうがよくないですか?普通の意見でスンマセンm(__)m
[ 2013/04/09 23:51 ] [ 編集 ]
そうですね。
とりあえず休養します。
指パキは腱の障害でこんなもんじゃありません。最低1年は休養です。
[ 2013/04/10 19:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する