さちのひとりごと

チキンハートなクライミング。

穂高岳:コブ尾根(3)


5月5日(日) ビバーク地5:30頃 休みながらのんびり下って 岳沢8:00
昼寝と撤収 岳沢12:30 上高地14:30

朝の天狗岳

夜明けとともにツェルトを撤収して、2ピッチほどロ-プを出して下る。そこから少しで天狗のコルだった。
コルにもツェルトを張れるが、風を遮る物がない。

山域不明


明神主稲と2峰

天狗沢の途中から、尻セードと滑落停止の真似事をしながら下る。もちろん、何度も休憩。


天狗沢上部

岳沢のすぐ手前で一応、コブちゃんをバックに撮影。

天狗沢最下部

YOUさん、今回もまたお世話になりました。
コブ尾根は穂高における初級ルートという噂ですが、私たちには燃え尽きるビッグ・クライムでした。
「技術的に剣の八つ峰とか谷川岳の滝沢リッジより少し易しいくらい。」って本当??
そんな場所に行ったことがない私にはわかりません。

諏訪Pで温泉入って
5月6日(月)
渋滞しないうちに7:30~10:20で自宅に着きました。
スポンサーサイト
どれも迫力満点の写真ですね。
春山に出かけた皆さん、無事でなによりです。お疲れ様でした!
[ 2013/05/07 12:31 ] [ 編集 ]
一段と素晴らしいです
youさん幸さんお楽しみ様でした!スノーボラート懸垂~、蓄積された支点作成技術・・お見事です!
[ 2013/05/07 13:00 ] [ 編集 ]
マッチャン、ありがとうございます!ホントに帰って来られてよかったです。いつだって目標は帰ることよ。


aoさん、それはね、YOUさんの経験と技術です。
[ 2013/05/07 21:36 ] [ 編集 ]
今回のコブ尾根は恐わ楽いクライミングでした。スノーバーを1本しか持参しなかったのは間違いでした。一昨年の明神東稜や去年の鹿島槍ヶ岳東尾根より、確実に1段階以上難しかったです。
コブの岩峰は岩がルーズで、残置ハーケンは浮いていて参りました。吠えちゃったし(^_^;)
おそらく左の雪壁になっていたところが本来のルートでしょう。その後の雪壁や雪稜が新雪で、難しい所は先行者のトレースもなく、充実しました。難しい部分は短かったですが、技術的には今回のコブ尾根は、GWの八ッ峰主稜や、3月の滝沢リッジと同じくらいですね。
ミキヤツHPに書いてあるように、「雪や氷が残っているならワールドクラスになり得るルート」でした。昔登ったモンブランイタリア側ブレンバフェースを思い出しました。
[ 2013/05/07 23:03 ] [ 編集 ]
そうなんですか!
左が正解?!
今回は大きくないカラビナとか、不良ヘッドランプ、スノーバーが付かないサブザック、オーバー手袋、スリングの仕舞方とか、いろいろリードする身になっていなくて、反省点がいっぱいです。考えないと。それにしても充実のルートに連れて行っていただいて、感謝でいっぱいです。
[ 2013/05/07 23:13 ] [ 編集 ]
お二人ともすごいですね
写真を見るだけでも、超ビビりました。
まさにエキスパートの世界ですね。
[ 2013/05/08 16:57 ] [ 編集 ]
fullさん、私はフォローですが、トップでラインを判断していくのが大変と思います。鹿島槍も大変だったでしょう!
[ 2013/05/08 21:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する