クライミングをしない方でも中高年女性の多くがなっているヘバーデン結節(第1関節)とブシャール結節(第2関節)の解消法を実行して、効果がありましたので報告します。

これは4月9日のブシャール結節の炎症(薬指第2関節)

左手

均整関節体操を行って食生活を改善したら、左手薬指の腫れがこんなに良くなった。

2013年6月25日の指


受傷直後あまりにもひどい腫れで骨折?が心配になり、整形外科でレントゲンを撮った。
その結果が「ブシャール結節」とのこと。(第1関節の変形はヘバーデン結節というらしい。)
これは根治療法は人工関節置換術しかないと言われた。
でも両手10本の指には、第1、第2関節が合計20個ある。そのすべてを手術する(1個でも)人はいない、または超少ない。
この記事には不十分な知識もあります。私の体験として参考にお読みください。

もう、一生クライミングはできないのか?藁にもすがる思いでネットで検索すると
三起均整法による体操のDVDを販売していた。15500円とお高いので、この料金を銀行で振り込む時には「振り込め詐欺」にかかったような気になった。

これは指をなにか特別動かしていくものではなく、全身の関節をいろいろな方向に動かしたり、筋肉を動かす。そして胸郭を開いていく。

腎機能が西洋医学でクレアチニンの上昇のように目立って障害されていなくても、利尿することによって腎臓は沢山働き、疲れてしまう。そのことによって骨を弱らせる。(コーヒーは利尿させる。)

この体操を行い、コーヒーを5杯→2杯へ減らしていくと、左手薬指は腫れが引きとても細くなった。

この間、岩場でもジムでもクライミングをしていました。ここ10日ほどは、肩痛のためにクライミングを止めていますが。
スポンサーサイト
2013.06.24 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://s2339.blog43.fc2.com/tb.php/517-b18f16b5