7月14日(日) 7:13 女夫淵温泉駐車場 9:35~10:20川原の野天風呂 14:15頃本流と大岩沢二股手前 泊

天気予報が外れて相当なが降る中の出発になった。一応、野天風呂または噴泉塔までは行ってみようと。野天風呂までは遊歩道だが、数ヶ所が崩落していて、一旦沢に降りてすぐまた道に戻る。

野天風呂
これが天然記念物である噴泉塔。丸いヤツは直径30㎝ほど。湧き出しているお湯は熱い。

噴泉塔

噴泉塔の上は3連瀑をかけるゴルジュがある。ここはほとんどの場合左から巻くようだし、古い「関東周辺の沢」という本でもそうなっている。
噴泉塔上ゴルジュのF1は右はガバだが熱くて手袋をしていないとホールドが触れない。
左はつるつるで切れそうなフィックスロープが下がっているが、そのロープまでも手が届かない。
結局aoさんが手袋をして右から突破。ロープを垂らしてくれた。

噴泉塔ゴルジュF1

F2は深い釜を持ち、激しい水流の滝。落ちたら巻き込まれそうだ。

噴泉塔のゴルジュF2

aoさんが右上のバンドを左上にトラバースする。しかしホールドもスタンスもかなりボロボロで、おおむねトラバースが終わるまで、ハーケンも打てない。さらに3mほど奥に進んで、ハーケン3本でビレイしてくれた。

噴泉塔のゴルジュF2を登る

ゴルジュ最後のF3はfullさんがaoさんのショルダーならぬザックに乗って突破した。

噴泉塔ゴルジュF3


この荒業を終えたら、また温泉水が流れていて、癒される。

ゴルジュ上の手堀りの野天風呂

湯沢本流と大石沢の二股より5~10分ほど手前に最高のテント場があった。

大石沢手前のテント場



スポンサーサイト
2013.07.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://s2339.blog43.fc2.com/tb.php/522-367a5e1d