10月19日(土) PUMP川口店で。
5月~8月の伊東スクールで私が12年間結んでいた「エイトノットが間違っている。」と指摘されて、大ショックだった。そこで今日はPUMP川口店スタッフの丸山さんに教わりながら、これを検証した。

まず私が従来行っていたエイトノット。

私のエイトノット
伊東講師によれば、黒↓の部分でロープ同士が交差するので、ほどけたりすることはないがロープが傷み易いとのこと。

私のエイトノット側面

しかしずっと行っていたこのエイトノットは交差しているために、テンションがかかった後でほどきやすい。

テンションが入った私の8ノットを解く

でも正しくないと言われたらどう結べばいいのか、自分でいろいろ工夫したのがこれです。

交差しないエイトノット

一見ロープがどこもクロスしていなくて美しい。しかしこれにテンションが入るとこうなってしまう。めちゃくちゃクロスしてしまい、ほどけない。ロープ結びはフォールした時こそ真価が問われるのでは?

交差しないエイトノットにテンションが入った

間違っていると指摘されても、では具体的にどうすればよいのかという回答がない。
そこで丸山さんに質問するとほんの1~2分で回答が得られた。私のエイトをなぞって行く時に、右から入らず左から入って後は普通になぞって行けばよい。たぶん、内から入っている所は内へ、外から入る時は外へということだ。

推奨のエイトノット

これにテンションが入ると若干ほどき難いが、ほどけないというほどではない。

推奨のエイトノットにテンションが入った

エイトノットの一部が交差していても、落ちた時に交差している部分がこすれることは少ないだろう。
でもわかったからには、これからは交差しない結びをしていこう。
丸山さん、ありがとう。

写真も解説もわかり難くてすみません。
スポンサーサイト
2013.10.20 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://s2339.blog43.fc2.com/tb.php/539-3c2e59be