がんばって早起きして車をクラックの岩場下まで突っ込む。ガードレールから懸垂下降して、乱菊エリアへTRを張ってもらう。氷瀑写真家も多かったです。

乱菊エリア
乱菊エリアで3本登る。難しい。

乱菊エリア:YOUさん

陽が当たってくるとこのエリアは溶けだすので、白髭エリアに移動する。
乱菊エリアの右岸にある修行の滝は例年よりは発達しているが、下部はやはり水流、内部はほぼ空洞です。

修行の滝

白髭エリア左岸も左右の氷柱がつながりつつある。しかしこの週の高気温(+5~6℃?)で、ドッカーンと音をたてて崩れる部分もあった。

白髭エリア左岸

右岸の真ん中より右ぎみにTRを設置してもらい、ロープを解かずに5本続けて登る。大休憩の跡、さらに右の易しめの氷をまた5本続けて登る。小休憩後、右端の難しめ3本。今日1日で16本登れて、まあまあのトレーニングになった。
昨年あたりから、氷でもカウンター的に体を振ったり、ちょっとだけ楽な登りができるようになった。
これが本番に活かせるか?なんだけど。

白髭エリア右岸:さち
スポンサーサイト
2014.01.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://s2339.blog43.fc2.com/tb.php/562-fe8e379c