5月4日(日) 2:00起床 4:00スタート 奥又白池5:25-5:40 A沢経由コル8:00 トラバース往復~コルから撤退10:00 テント11:30~12:50 新村橋17:30-17:45 徳沢18:10

朝の尾根を行く



奥又白池まで標高差150mなのに、なぜか1時間半かかった。

日の出


池には1張のテントの跡がありました。全荷を背負ってすでに出発されたようです。

奥又白池

C沢経由で東壁に取りつく予定でしたが、私が足の故障が完全ではないので、急峻な長いトラバースを止めて、A沢から前穂へ向かうことになりました。

中又白谷へ

しかし体力的にこの沢も甘いものではなく、最後は20歩上がっては息を整える状態です。

中又白谷へ

中又白谷を登る

コル(踏替点)に上がって死にそうなへろへろ状態。しかし、周りの景色は素晴らしい。日本離れしています。

コルの風景

4峰正面壁と表銀座

前穂東壁

表銀座

ライチョウ

コルからロープを出して、A沢へトラバースします。

トラバース

私がこのトラバースを終えた時のへろへろ状態により、まだ10時前ですが撤退が決定しました。
このスピードではたとえ山頂に行けても、テントに帰れない。ビバークなどしてたら、明日は天気が崩れるのです。
長年の憧れのルートに私のせいで敗退になってしまい、YOUさんには本当に申し訳ない思いでいっぱいです。
3月にやっていたスノーハイキングとかはトレーニングとしては、何の役にも立ちませんでした。

テントへ撤退中

畳んだテント

撤収してゆっくりとお茶を飲み、急峻な尾根をロープで確保してもらいながら下ります。

尾根下降中

途中からは沢に移り、互いにスタンディングアックスビレイで確保しながら下ります。
私の手際が悪く時間かかり、新村橋でへろへろ。小梨平へ到底行けず、徳沢に1泊しました。

徳沢キャンプ場


5月5日(月) 徳沢5:20 上高地7:15
6日に安曇野警察署から「財布が届いています。」とお電話があり、拾ってくださった方に感謝感激です!!
スポンサーサイト
2014.05.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://s2339.blog43.fc2.com/tb.php/585-ac2e1e56