日曜日の15:30頃、単独で前穂東壁へ向かっていたYOUさんから「河童橋へ着いた。」という電話が入った。
バス停で合流して無事帰れた。
・ソロのため、荷物は20㎏以上。
・松高ルンゼはこの時期落石の巣であるため、使えない。
・中畠新道は下向きのブッシュで、重荷を背負ってのやぶ漕ぎは大変だった。
・稜線から2m近く雪が減っている。GWに幅185㎝のテントを余裕で張った同じ場所に、
幅100㎝のツェルトがやっとだった。
・そこからは順調にCフェースの取りつきに達した。しかし取りつきは急傾斜であり、登攀支度が困難。第2案の3、4のコルから前穂北尾根上部に変更した。
・3、4のコルへ着くと、ガイド・パーティーが多数いた。先行のガイドさんが多数のお客様をお連れのため、時間がかかりそうで、後続のガイドさん方にも焦りが生じていた。
・そんな中、3ピッチのソロ登攀は迷惑なので、引き返してきた、とのことでした。
・中畠新道の下向きブッシュを重荷を背負ってクライムダウンするのは大変。60mロープ1本で10ピッチほど懸垂下降とのこと。

私の行動に比べて、すご~く大変だったと思います。私にはできません。お疲れ様でした。
スポンサーサイト
2014.06.04 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://s2339.blog43.fc2.com/tb.php/591-c6d4d6ed