これが実質的な沢はじめだし、前夜までの大雨で水量の少ない沢へ行きました。
6月30日(月)

山伏トンネル道志側の駐車スペースはチェーンで閉鎖されていて、やっと軽1台を停めるスペースを確保した。
天気が良くない月曜日だから幸い、土日はアウトかも。

山伏峠登山口 7:25 稜線 7:45~8:15(沢支度) バラシマ沢支流を下る~林道を歩き水の木橋12:00~12:20(休憩)
沖ビリ沢13:15 西丸への稜線15:25 迷い~山伏トンネル(車)16:40

沖ビリ沢F1

小滝とナメが連続する「世附川一の美渓」の名に恥じない風景だ。

小滝

7m滝はおとなしく左岸にあるトラロープにすがる。

7m滝

その上4段13m滝も左岸のトラロープで登る。

4段13m滝

上部は簡単で快適。

4段13m滝の上段

東北に行かなくてもありました。ナメの回廊。

ナメの回廊

最後から2つ目の滝を簡単に直登します。

最後から2つ目の滝

最後の2つの滝を越え、沢型をしばらく登って左の尾根を詰めた。
詰めた所は西丸への踏み跡だったが、主稜線と勘違いして、西丸方向へ下ってしまった。踏み跡はあるが、あまりにも藪が濃いので登り返し、反対方向へピンクのテープ印に従って偵察した、すると通行困難な状況となり、戻って沢から上がった地点へ登り返した。このピンクテープおよびトラバース道は要注意である。迷いやすい。

流程は長くないが、「世附一の美渓」にふさわしい良い沢だった。アプローチが迷いやすいのが難点。
スポンサーサイト
2014.07.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://s2339.blog43.fc2.com/tb.php/597-6ce520e1