さちのひとりごと

チキンハートなクライミング。

倉沢本谷

7月12日(土)
奥多摩はどこも水量が多いので、完走できそうなこの沢を選びました。
日原川の林道をほんのちょっと歩き、気軽に入渓しました。
困難な滝は2つだけです。
第1核心の滝は、一応私が行ってみる。(ロープも引いていない=ただの遊び)
泳ぐことはできたけれど、水中スタンスを発見できず敗退。

第1核心:さち
2011年の記録

次にYOUさんがロープ引いて行ってくれたけれど、1回目はやはり敗退。2回目で成功して、この滝をクリアしました。
水中スタンスは水流が強い左側にあるのです。

第1核心:YOU

第2の核心は2段の滝。
泳いで行って、1段目は残置ハーケンにあぶみで乗ってクリア。
2段目は写真では見えませんが、2mのチムニー状をバック&フットで登り、最後はハンドジャムで乗りあがりました。

第2核心:YOU

水量が多いので、なんでもない所でも積極的に泳ぎます。(泳がなくても通過できます。)

泳ぎ

世田谷のボロ市で200円のライフジャケットは大きすぎて、調整が必要。

小滝

途中1匹だけ魚影を見ました。最初と最後で釣りもしたけれど、ボウズです。
沢の核心部にはハンガーボルトの支点があり、なぜかスタティックロープがピン張りしてあります。
林道を下降中に沢をのぞいたら、ガイドさん3名にお客さん20名がウォータースライダーをやって遊んでいます。
これじゃ、魚は逃げるわけ。

倉沢の最後で転んで脚を打撲してしまったので、翌日は某所で渡渉と泳ぎ訓練というか、ただ浮かんでいるだけでした。

某所でラッコになる

スポンサーサイト
[ 2014/07/14 09:57 ] 沢登り | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する