さちのひとりごと

チキンハートなクライミング。

整形外科は

3~4年前に整形外科で「腰椎椎間板症」と診断された。
9月に足に傷があるのを我慢して沢を歩いてから、膝が痛い。整形外科に行ったら「変形性膝関節症」
いつもマッサージしてもらっている接骨院から、「左の腰椎4~5あたりが異常に固いです。そこから出ている神経によって膝が痛いのでは?一度整形外科で腰のレントゲンを撮ったら?」と指摘されて、再診となった。
整形外科で接骨院の見解を話してみたら、先生「フッ、そうですか。」鼻で笑って、「ではレントゲンを撮ってみましょう。」
結果は3~4年前の腰椎椎間板症より進んでいて、腰椎(L)4とL5が変形している「変形性腰椎症」とのこと。
「膝と腰は関係ありません。別々の加齢による変形です。」
つまりおばあさんになったので、腰が曲がったということだ。
昔私も整形外科に勤めていて、そこの先生の名言:「車でも家でもある程度までは修理できるけれど、あまりにも老朽化したものは治せない。」
治療は痛み止めとシップとのこと。

また接骨院へ行って話すと、柔道整復師の先生は「いろいろな患者さんを診てきた経験から、私は腰椎と膝痛は関係あると思います。」
そして、このブログを見つけた。

整体日誌

腰椎:L3は内転筋を支配する。
    L4は大腿四頭筋
    L5はハムストリング(大腿の後ろ)

ヨシーダ先生のブログにも、「西洋医学は木を見て森を見ず。痛んでいる部位だけ見て、そこを支配している脊椎、神経のことを考えていない。」とあったな。起っている事象にだけ着目し、その原因を深く考えていない。

私の場合は歩く時よりも左足が斜め下に引っ張られた時に瞬間的に痛む。
確かに膝の軟骨はすり減っている。しかしレントゲン所見でも、骨と骨がぶつかるほどではない。
この症状はアレルギーの先生が私の体を触って言われた、「筋肉の引っ張り合いが上手くいっていない。」+炎症だろう。

最近(まだ3日)生活パターンを変えた。
夜は22時には寝て早起きして朝風呂に入り、ストレッチするのだ。
そしたら疲れも取れるし、膝痛も良い。歩いてもあまり痛くない。腰も柔らかくなった。
お試しあれ。ただし私もまだ実験中です。
スポンサーサイト
[ 2015/01/16 07:50 ] 体の管理 | TB(0) | CM(2)
お互いしんどいし不安ですね。
長年酷使してきたし部品交換ができないから
負担を減らす方法やカバーできる方法を私も考えていきます。
皆故障しながら頑張ってるし、まだまだ遊びたい!
[ 2015/01/17 16:50 ] [ 編集 ]
しいちゃん、部品交換できなくてもケアすれば、もう少し使えますよね。
お互い、息長く遊びましょ。しいちゃん、スリムになって羨ましいな。
最大の負担軽減です。
[ 2015/01/18 22:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する