7月13日(月) トリュンメルバッハの滝とシルトホルン展望台
夜中から朝方にパラパラと雨が降り意外と天気がよくないので、滝見学へ行くことにしました。
鉄道を乗り換えて尾根1本反対側のラウターブルンネンの村に行きます。駅前にバス停があり、すぐ乗れました。
とりあえずトリュンメルバッハの滝前で降ります。アルプスの氷河からの水圧があまりにもすごいので、滝は深く浸食されて表から見えないのです。エレベーターに乗り登って、階段を上り下りしながら見学します。
超絶のゴルジュです!

トリュンメルバッハの滝
もっと写真を撮りましたが、暗すぎてよく映っていないです。

トリュンメルバッハの滝

ラウターブルンネンの村はU字谷で、大岩壁に囲まれています。

ラウターブルンネン

最奥のシュッテヘルベルクまで歩くと、何となく天気が回復傾向なので、ロープウェイを乗継ぎ、シルトホルン展望台へ行ってみることにしました。これは名前がわからないシュテッヘルベルクにかかる滝です。

ミューレンからの滝

シルトホルン

ユングフラウ(若き乙女)は恥ずかしがって雲の中。

ユングフラウ

山の中腹が見えただけでも満足です。

シルトホルン展望台からの三山

バスでラウターブルンネンの駅に帰り、そこから15分ほど歩いて戻ると、シュタウフバッハの滝がよく見えます。
落差287mということ。冬も凍らないだろうな。

シュタウプバッハの滝
スポンサーサイト
2015.07.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://s2339.blog43.fc2.com/tb.php/669-7873518b