さちのひとりごと

チキンハートなクライミング。

スイスひとり旅4日目

7月14日(火) ユングフラウヨッホ観光とアイガートレイル
夜明けには風が雲を吹き飛ばし、初めてキャンプ場からアイガーの頭が見えました。
うれしくて、グルント駅を7:25の始発列車に乗って出発です。

朝焼けのアイガー
ユングフラウ鉄道の車窓から見たアイガー。

車中からのアイガー

うそのような晴天です。
ユングフラウと右の白い三角錐シルバーホルンです。

ユングフラウ

やがて列車はアイガーの壁のトンネルの中に入って行き、
アイガーバンド駅とアイスメーア駅で5分ずつ停車して、窓から外を見ることができます。
毎晩アイガーバンド駅の明かりがキャンプ場から見えていました。

アイスメーア駅の窓から

標高3454mのフングフラウヨッホ駅に到着しました。

ユングフラウヨッホ

こんな氷の回廊とかを通ったり。

氷の回廊

氷のオブジェをたくさん見て。

氷のオブジェ

高速エレベーターでスフィンクス展望台へ上がります。(料金はいっしょ)
アレッチ氷河の展望。

アレッチ氷河

一番近くに見えるメンヒ4099mです。

メンヒ

ユングフラウ4158m。

ユングフラウ


1時間半も観光して電車でアイガーグレッチャー駅まで下ります。
ここからアルピグレン駅まで、アイガー北壁の下を歩こうと思います。
しかしアルピグレンを指す指導標の向きがどうもよくわかりません。
日本人ツアーと花の美しさにつられて、つい駅の表を下ってしまいました。少し行ったら右へ回り込むのか?

アイガーグレッチャー駅

花

どう考えても方向がずれてきたので、引き返して反対方向へ向かうトレイルへ行きます。
すると今度は本当のアイガー北壁に出てしまいました。
駅から少し行って右ではなく、駅から直に線路を渡って右方向へ行くべきでした。
正しいアイガートレイルへ入れたのは、13:40です。壁がすでに逆光ぎみで、残念!!

アイガー北壁

トレイルは歩きやすく、アイガーの2つ左の山:ベッターホルン3692mが常に美しいです。

ベッターホルン3692m

どこを見ても花花、花。

花

アルピグレンまでの標高差704mは、結構私の足には限界近かったです。16:40アルピグレン着。

アイガーノードバンドキャンプ場

キャンプ場には木が少ないので、暑くてくつろげません。かろうじて管理棟横とシャワー棟横にベンチがあります。
ちょっとお値段の割は・・・。いろいろ荷物持ってきたけれど。
これならもう少し奮発して、ユースホステルのドミトリーでもよかったかも。
スポンサーサイト
[ 2015/07/25 11:01 ] 海外 | TB(0) | CM(2)
クライマーのさちさん

アイガー北壁チャレンジなさらなかったのですか?
でもスイスは牧歌的な風景と原色の色合いが良いですね

お金と時間があれば行きたいなぁ!
今はユーロが上がってしまいましたので
ヨーロッパは行きづらいですね
[ 2015/08/04 21:35 ] [ 編集 ]
アイガーノードバンド(アイガー北壁)に3泊しましたよ。キャンプ場の名前です。(笑)
スイスフランが80円だったらな~。安い時に両替しておけばよかったです。
[ 2015/08/04 22:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する