さちのひとりごと

チキンハートなクライミング。

8月16日(日)
自宅:5:30 山伏トンネル前8:10 水の木分岐8:45~9:00 沖ビリ沢9:30 樅の木橋12:50 ミニ両門の滝15:15  稜線17:15
樅の木沢の頭17:40  水の木分岐19:15  山伏トンネル前19:40

沖ビリ沢の滝

水の木分岐で沢装束に着替え、西丸への道を少したどり、道が急下降する前で踏み跡があったので、それに従って降りた。
藪の中の道を下って鞍部から下降した方がよかったかもしれない。最初は滝のクライムダウンがあった。
今シーズンの沢はじめがいきなり沢下りなので、少し恐い。


しかし順調に下って林道を歩き、樅の木橋に至る。
樅の木沢に入ってすぐの滝はきれいだったが、よい写真が撮れず残念。

長いゴーロ歩きで退屈する。

やがて4m滝とチョックストーン状7m滝が現れる。

4m滝

この4mは見た目より簡単に直登できた。
2段目の7mは右(左岸)から巻き。5mほど上がった所からロープで確保してもらいトラバースを試みた。
しかしランナウトした状況で1~2歩が悪いので、戻る。
YOUさんにロープを引いてさらに高く登ってもらい、登りとトラバースで3ピッチ行く。(30mロープ)
そこから懸垂下降。

次に現れたのは、いかにも「ミニ」両門の滝。左の滝を簡単に登れる。

ミニ両門の滝

しばらくはナメとナメ滝が続く。

樅の木沢のナメ

150816樅の木沢 (17)

奥の二股で左沢を選んだ。その方が下山に近いと思った。
しかし沢のどん詰まりは急で、手前から支尾根に出た。
このころから二人とも腰やら脚が痛み、ペースダウン。私もほぼ1年ぶりの沢はきつかった。

やっとの思いで稜線に出る。稜線歩きも結構長かった。
ヘッデン出したけれど、無事帰れてよかった。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


こんばんは!

確かてくてくとさちさんが繋がったきっかけが
この沖びり沢だったような気がしますが…

山伏トンネルは
山中湖側の廃墟ホテルのアプローチ道路に
止めましたか?
そしてホテルの敷地内から尾根に上がりましたか?

てくてく隊はホテル敷地内を
下山時に通過しようとした際に
管理人と思しき意地悪な爺様に
凄まれた経験があります。
Aが飼い犬に噛みつかれそうになって
怖い思いをしましたよ。

この後に行くとしたら駐車場所は
件のアプローチ道路ですが
トンネルを道志側に抜けてから
尾根に取りつこうと思います。

日帰りで頑張りましたね!
【2015/08/18 19:49】 URL | てくてくB #- [ 編集]


てくてくさん、こんばんは!
てくてくさんの記録、改めて読みました。写真もとてもきれいです。
山中湖側に広い道がありましたが、「ここが犬をけしかけられる所?」と思って停めませんでした。
我々は車が小さいのをいいことに、道志側に無理無理停めました。
それにしてもひどいですね。たとえ私有地だとしても、犬に咬まれて怪我をさせられたら傷害罪ですね。

もう体がボロボロでして、山は終わりかと思うこのごろです。
【2015/08/18 20:29】 URL | さち #/C2V/PvY [ 編集]


私も来年はアラカンです。

「身の丈を越えない登山をする」
というのが、てくてくのポリシーです。
10年くらい前までは
アグレッシブなルートにも挑戦しましたが
山岳会を離れてからは
組織登山の恩恵に与れませんので
基本は二人で行ける場所にしか
足を向けなくなりましたね。

それでも充実しているし充分満足を得られますよ。
歳ですねぇ!

そのうち何処かでバッタリ会えると良いですね。
【2015/08/19 19:02】 URL | てくてくB #- [ 編集]


てくてくさん、アラカンのアラは何年前からでしょう??
だいたい同じですね。でも私よりちょっとお若いみたいです。

私もハードでなくて風景のきれいな沢とか、岩もアプローチが近くて快適な所に行きたいです。

本当にお会いしたいですね!!
【2015/08/19 21:21】 URL | さち #/C2V/PvY [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://s2339.blog43.fc2.com/tb.php/680-81be5231
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

さち

Author:さち
さちです!
写真は家にいる雌ライオン「さち」

月別アーカイブ
ブログで世界旅行(スイス編)



presented by スイス旅行

FC2カウンター

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード