さちのひとりごと

チキンハートなクライミング。

Entries

芦廼瀬川本流1日目

シルバーウイークの計画は二転三転して、結局3年前から懸案の大峰山系芦廼瀬川となりました。
でも、それって最初に計画した北の沢よりずっと難しいんでは?自信がないです~。
3年前にチャレンジした時は、スズメバチに襲われて敗退、入院になってしまったし。2度目に襲われたら、どうなる??

2015年9月18日(金) 自宅17:20 東名阪道 御在所SA 23:00 泊
9月19日(土) 亀山IC~R1~R25~R168~R425 沢の終了点へ20インチの自転車をデポして、十津川村でお食事と 車中泊 ここまで600㎞強 大堂海岸までの6割です。

9月20日(日) 6:25 七泰ダムより入渓 七泰滝6:50 槇滝上 8:55 百閒嵓 10:50
ヒイラギ淵 13:56 焼嵓淵上15:20

七泰の滝は右岸にある鉄杭とトラロープを使って巻く。

七泰の滝

保色(ほいろ)滝 左岸からロープを出して巻き。

保色滝

続く槇滝(まきたき)もロープ4~5ピッチで左岸から巻き。
よく見ればブッシュの中に鎖があったが、ここで失敗すれば命取り。

槇滝

出だしの大きな3つの滝を巻き終わって、3年前にスズメバチが出てきた真ん中の岩。
この岩を乗り越えなくても、水中から行ける。

スズメバチの場

ここを超えるとフジネという美しい釜やナメが連続する場所になる。
はるばる大峰まで来た甲斐があった。写真では美しさが出ていなくて残念!

フジネ

時にはトラロープ。

フジネ

フジネ

やがて百閒嵓の岩壁を見る。

百閒嵓

150920芦廼瀬川 (101)


150920芦廼瀬川 (112)

ずっとトップのYOUさんが空身で泳ぎ、私はザックフロートで引かれていく。
しかしこの沢、泳ぎ+クライミングがあるので、フォローもザックと自分を5~6m離してロープをつけないと大変なことになる。
自分の腹の前に75Lのザック。ウェストサイズが150㎝になった状態で、ホールドもスタンスも見えないのだ。
さすがに学習して、3回目くらいから自分とザックを離してロープをセットする。

150920芦廼瀬川 (124)

50~60mほどの長い淵になったが、泳ぐほどでなく、胸まで浸かって行ける。ヒイラギ淵だ。

ヒイラギ淵

泳ぐためにYOUさんが持ってきたひれつきの手袋。

泳ぎ用手ひれ

次は核心部の入り口:焼嵓淵が。ここは100mの泳ぎとあるが、本当に泳いだのは数mで、側壁のホールドを伝わって行ったり、浅瀬で休める。

焼嵓淵

手ひれを付けているYOUさんは意外と苦戦している。ひれがあるとホールドをつかめず、一度装着すると脱ぐことが困難とのこと。

焼嵓淵奮闘

1回河原に上がり、そこからロープを付けて斜め滝を登ってもらった。
15時過ぎたし消耗して、この滝の上の斜めな岩盤で泊まる。
少量の薪を集めて温まる。しょぼくても焚火すると、心があったまる。
よく見れば左岸に渡ると、平らな岩盤があった。

焚火




スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

最近の記事

プロフィール

さち

Author:さち
さちです!
写真は家にいる雌ライオン「さち」

ブログで世界旅行(スイス編)



presented by スイス旅行

FC2カウンター

日本語→英語自動翻訳【星条旗】