9月22日(火)
泊場 6:45 S字淵 8:19~9:10 傘捨谷 12:14 狼返しの滝 12:18~12:50 堰堤前小沢 13:10 駐車場 13:30
この日はシャリバテのためになかなか進めない。
最初の難所はS字の淵。ここは泳いで取りつくが、右岸から巻くこともできる。

S字の淵

YOUさんが疲れた体で泳いでくてれ、取りつくためにカムをセットし、ハーケンを打っている。半身水中に浸かりながら15分もやっているので。「消耗するから~。」(もうやめて高巻きましょう。)と言いたいが、最後の頑張りをしてくれて突破する。

S字を超える

S字の淵を俯瞰する

左岸から傘捨谷がすごいゴルジュとして合流する。この谷が出会えば、そろそろ終わりだ。ほっとする。

傘捨谷

最後はみなさんが飛び込みを楽しむという、狼返しの滝。もちろん我々にそんな余裕はない。

狼返しの滝

YOUさんが最後の力を振り絞り左岸から右岸へ泳ぎ、岩を登る。

狼返しの淵を泳ぐ

しばらく歩くと堰堤だ。やった、終わりだ。堰堤直前の小沢を登る。小沢の途中にも堰堤があるが、踏み跡があり、容易に越えられる。自転車デポ地にバッチリ出た。

堰堤:遡行終了

しかしこれから車回収のために、16~18㎞自転車で行かねばならない。そのために2口のお菓子と少々のポカリスエットを残しておいた。
数秒後、2台のRV車が下ってきた。奥駆縦走路を歩いて来られた地元の山屋さんだった。
「十津川に下られるのでしたら、七泰の滝まで乗せてください。」快諾をいただいて、本当にありがたし。
「1泊の予定が2泊になりまして・・・」
「エサがなくなっちゃった訳ね。」山屋さんなので、すぐ理解してくださった。ホントにありがとうございました。

車回収後十津川村で蕎麦を食べて、少し行って 下道を延々と走り、23日1:00御在所SA着 寝る。
9月23日(水) 8:07 御在所SA 自宅 14:00

装備:8㎜50mロープ1本 マスターカム下から2~3個 エイリアン黒 キャメロット#0.3~0.75 ハーケン5 ハンマー1
一般登攀具 ファイントラックツェルト(使用せず) ライフジャケット ファイントラック下着上下 モンベルのウェットスーツ 夏シュラフ 少々の防寒具。

今回最高気温25℃ 最低気温16℃ 水温は暖かかったが、水から出ると下着を着ていない部分が寒い。この山域、この条件ではネオプレーンのスーツよりファイントラックかな。

岩は花崗岩ではなく、つるつる滑る。泳いで行っても滝に取りつき難い。ゴム底よりフェルトがやや有利。それでも滑る。
スポンサーサイト
2015.09.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://s2339.blog43.fc2.com/tb.php/686-8b5aab2d