さちのひとりごと

チキンハートなクライミング。

栄養指導が入った。

12月12日(土)
南岸低気圧なので、伊豆方面はダメ。登れないからまた湯川です。
先週ヨシーダ先生からメールがあったようです。
「二人ともはたから見て、体が大きすぎる。(太すぎる)体重を減らせばすぐ登れるでしょう。」

・蛋白質を十分とる。(ヒレ肉換算で200g/日)
・炭水化物は十分摂ってよい。
・ワインハーフボトル以上飲むと、回復が遅れる。
・ジャンクフードを避ける。

さて私の食事嗜好を書いてみると

・甘いものがかなり嫌い。(体が受け付けない。)
・油ものも嫌い。(豚カツは10年に1回以下)
・ごはん大量に食べない。
・アルコールはほとんどワイン。焼酎、ウィスキーは嫌い。日本酒ほとんど飲まない。
ビールは夏以外は350ml×4本/月

つまり諸悪の根源はワインにあります。

栄養指導を受ける2週間ほど前から、昼食をごはん130g、納豆、豆腐、小松菜、肉30g程度にしています。
朝食は40年間トースト2枚とブラックコーヒーだけでした。
それをトースト1枚とおかず(ミックスベジタブル+卵1個)にしたら、血液検査でHbA1cが5.7から5.4に下がりました。

そしてついに先週より1.5㎏減です。

ところがサイコキネシスは先週より登れない。
万人が立ちこむスタンスで足が滑る。
フィンガージャムの効きは良くなってきたけれど、効けば効くほど指に対する負荷が強いです。
特に変形している左手の小指。左手支持で右手を上げていくので、負担がかかります。

体重へったら増々できなくなるとはなに・・・・
ビール飲んで、ポテチーをやけ食いしてしまう。
これじゃ登れないぞ。1.5㎏じゃダメ。
スポンサーサイト
[ 2015/12/14 08:42 ] 湯川 | TB(0) | CM(2)
No title
私は「太って登れない」と吉田先生にメールなんかしていません。
吉田先生はあれのお礼ついでに、私たちの体が大き過ぎると。ついでに飲酒と食事指導が入りました。さちさんの飲酒が問題かもとメールしただけなのに、吉田先生の酒種と酒量の推察は大当たりでした( ^)o(^ )。
吉田先生の登りは岩の上で踊っているようです。当たり前ですが普通の人とはまるで違います。
私は来年は前半までに結果を出さなければなりません。そのためには、クマorパンダの木登り状態のクライミングから脱却しなければいけません。
動画撮影したおかげで多くのことがわかりました。例によって自分のイメージと映像は全然違いました。
骨董品の棒フレンズ・旧キャメロットと、現役キャメロットC4との性能の違いが分かりました。ギリギリのクライミングだと、ギアラックに引っかからないカラビナは重要です。
[ 2015/12/15 00:41 ] [ 編集 ]
まずい!
う~ん、そうですか。なら他人の目からも明らかに太くなったのがわかるのね。
しかもクライミングの師匠に言われては、なんとかせんと。
でも昨日は禁酒できなかったですね。だって飲み放題だもの。
[ 2015/12/16 21:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する