2016年1月23日(日)
今週は寒波襲来ということで、ジムに行きました。2週間ぶりのジムで、リハビリと新品の靴ならしです。

ここで何年も前から思っているシリアスなテーマについて書いてみたいと思います。

ビレイの動画

ジムで見ていると、意味なくビレイ側の手を上げている人が多いのです。
プロ・インストラクターさえそうです。10秒、5秒、5秒、3秒。クライマーが何の動きもしていない時でも。
ビレイ側の手をATCより30㎝以上上げ、クライマー側の手でグリップしています。
つまりリードのビレイにもかかわらず、昔ながらのATCグリップ・ビレイと変わりありません。
この状態でクライマーが落ちると、グラウンド・フォールしてしまいます。

この3~4年間にグラウンド・フォールの事故を2回見ました。
1回はジムで10m上からロープをたぐりもせず普通に落ちたら、地面まで落ちてしまいました。クライマーは軽傷だったようです。
2回目は岩場で6m程度の所から下まで。下地が非常に悪い岩場にもかかわらず、クライマーは足の骨折だけでした。
最後に残ったナッツはハンマーで強く叩かなければ取れないほど、強力に食い込んでいました。つまりナッツにテンションがかかったけれど、下まで流れてしまったのではないでしょうか?
この事故については詳細な検証が行われ、ビレイヤーの手元でロープが流れたという結果のようでした。

なにかビレイ側の手を上げることが流行しているようです。
先輩やインストラクター、周囲の人がみんなやっていれば、それでいいと思いますよね。
でもこのような習慣が増えれば、かならずグラウンド・フォールも増えます。
みなさん、ビレイ側の手を上げることは止めましょう!!

追記:今日行ったジムでは、ビレイ側の手を下げるように、スタッフからきちんとした指導がされていました。
スポンサーサイト
2016.01.24 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://s2339.blog43.fc2.com/tb.php/707-8c231d61