2016年2月28日(日)
門脇灯台の有料駐車場奥の遊歩道から、ザックを背負って懸垂下降しました。
もう下降点がわかったので、上の大木から補助ロープにセルフビレイをとって、YOUさんはラバーソール11aに、私は熱き思いをこめてに終了点を設置して、懸垂下降します。
こういう状況はいつも恐い。いつでもインシデント、アクシデントが起こりかねない。
荷を背負うと後ろに剥がされて、腹筋力で必死にがんばります。
荷物か上半身をロープに連結するべきでした。

160228熱き思いを込めて


ラバーソール TR 1便 真下から行くと離陸できないので、右から巻いていきます。
できないけれど、バランシーな好ルート。
熱き思いを込めて TR 3便 ×××
杉野さんの御意見はともかく、カンテなしが11c、カンテありが11bという100岩場のグレードに従います。
もちろん、カンテありでトライします。
前回はトップアウトが目標というか、上まで行けないと思って無心に取りついたからできたかも。
右のガバへ行き、左トラバースしてカンテへ行き、また右へトラバースしてアンダーを使ってハングを越え、また左のカンテに移ります。前回アンダーを使わないで行けたはいったいなんだった??

ヨシーダ先生の格調高い名ルートです。
登れるかはともかく、目標にします。
スポンサーサイト
2016.02.29 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://s2339.blog43.fc2.com/tb.php/714-f3d6589a