2016年3月12日(土)
前夜、土樽Pに一番乗りして泊り、ツアーするために朝早く某スキー場に駆け付けました。

しかし天気は予報通りさえないです。
弱い2つ玉高気圧の間に入り、上越は天気図には現れない弱い前線が発生して、晴れるとしても午後に3時間程度?

場所を谷川岳に移して、歩きトレにしました。
谷川岳登山指導センター 標高780m(手持ちの高度計745m)9:00頃 ラクダの背 11:40(標高1525m(高度計1490m)
引き返し センター13:00~14:00(休憩)
湯檜曽川沿い林道14:00 一ノ倉沢出合手前15:00 引き返し 車16:00  気圧935mhpa

西黒尾根の下部は夏道が出てしまっています。終始小雪が舞い、ラクダの背にいたってはマジにふっていました。
天気が回復する予報の午後に至っても、標高をぐっと下げたのに、マジ降りです。縦走行かなくてよかった!

160312西黒尾根 (6)

天気が悪くても癒されるブナ林。好きな場所です。

160312西黒尾根 (8)

ラクダの背に至って、雪がマジ降り。

160312西黒尾根 (14)

このまま行くと帰れない結果になる可能性もゼロではありません。

私たちにはもう一つの目的がありました。
私は2006年正月に西黒尾根から登頂した後悪天に見舞われて、肩の小屋に4泊5日のビバークになってしまったのです。
その時にMくんが、「次の3連休の山行を止めて自分も救助に行く。」と言ってくれたそうです。
私たちは救助されたけれど、Mくんはその2か月後、一ノ倉沢出合手前で帰らぬ人になってしまいました。

Mくんの思い出に好きだったビールを持って、湯檜曽川沿いの林道から一ノ倉沢出合へ向かいます。
しかし、あまりにも雪が少なく、雰囲気が違って、事故現場が特定できません。
私は西黒尾根の下りで痛めた膝がますます痛く、
Mくんには悪いけれど、出合手前から車に戻りました。
YOUさんが出合まで行って確認し、木の形状から現場を特定して、ビールを注いできたそうです。
天国でMくん、どんなにしているかな?元気でしょう。
4年前の記録
スポンサーサイト
2016.03.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://s2339.blog43.fc2.com/tb.php/716-a8d546eb