空へ ジョン・クラカワー著

空へ

K2嵐の夏  クルト・ディームベルガー著

K2嵐の夏

読書は目が悪いので面倒だ。
でもこの2冊は歴史的遭難の生存者が書いているので、読んでおくのもいいだろう。

前者はガイド登山
後者は韓国隊以外は少数アルパイン・スタイルで、世界有数の登山家がそろっている。

両方とも気象遭難であるが、その気象にはまってしまったのは、複雑な人間的要因がある。
その要因の性質にも違いがある。

山野井さんの「垂直の記憶」も読んだ。

垂直の記憶

K2嵐の夏を読み終えて、改めて山野井さんの偉大さを感じた。

ちょっと読書には疲れてきた。
スポンサーサイト
2016.05.31 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://s2339.blog43.fc2.com/tb.php/728-39e93ed2