読了

2016.05.31 11:27|日記
空へ ジョン・クラカワー著

空へ

K2嵐の夏  クルト・ディームベルガー著

K2嵐の夏

読書は目が悪いので面倒だ。
でもこの2冊は歴史的遭難の生存者が書いているので、読んでおくのもいいだろう。

前者はガイド登山
後者は韓国隊以外は少数アルパイン・スタイルで、世界有数の登山家がそろっている。

両方とも気象遭難であるが、その気象にはまってしまったのは、複雑な人間的要因がある。
その要因の性質にも違いがある。

山野井さんの「垂直の記憶」も読んだ。

垂直の記憶

K2嵐の夏を読み終えて、改めて山野井さんの偉大さを感じた。

ちょっと読書には疲れてきた。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

プロフィール

さち

Author:さち
さちです!
写真は家にいる雌ライオン「さち」

月別アーカイブ

ブログで世界旅行(スイス編)



presented by スイス旅行

FC2カウンター

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

English English得袋.com

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード