さちのひとりごと

チキンハートなクライミング。

リハビリクライミング

Pump川口と川崎で登っています。
実はもう6回目です。
1回目は左足がスタンスに乗っても全然立ち上がることができず、スラブ壁トップロープでホールドなんでもありでも上まで行けず敗退でした。

ガバスタンスとガバホールドなら何とかなるもの。
上達とかじゃなく、神経がクライミングを忘れないようにと思ってやっています。

最大の核心は浮腫んだ足にクライミングシューズを履くことです。
浮腫んで足が大きくなっているから履けないだけじゃない。
きつい靴(普通の靴でも)を履く時に、足はクネクネといろんな動きをするというのがわかったのです。
その機能がないから履けないのです。

今日は6か月ぶりにPump2に行って、デポしてあった昔のマルチピッチ用のシューズで登ったので、楽に履けました。
しかし回を重ねると、左足でスメアリングできないとか、足に立てないために腕に頼ったクライミング、正対引き付けクライミングになっているのを感じます。

当たり前だけど、クライミングは爪先たちできないとダメ。
しかしそのトレーニングは私にはまだオーバーワークであるようです。
レストして筋肉をやわらげてから、爪先立ちトレーニングします。
少しでも足で登れるといい。

こんな感じでも、もう二度とクライミングしたくないとか思わない。
やっぱり好きなんでしょう。
スポンサーサイト
[ 2016/09/03 20:49 ] 距骨粉砕骨折 | TB(0) | CM(1)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2016/09/04 13:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する