2016年9月26日(月)3時10分に吉田先生は逝かれた。
北海道富良野で。肺にはじめ発生した悪性リンパ腫のためだった。
6月10日以来ブログの更新がなくて心配していた。
8月初旬に「肺癌で危篤」の知らせを聞いたが、そのあと小康状態を保ったり。

以下は吉田ブログからのストーリーである。
2010年5月19日に甲府で捨てられていた生まれたばかりの猫:越中(コシナカ:オス)とイソジンを拾った。
先生がイソジン(メス)に避妊手術を受けさせたら、越中はイソジンに興味をなくして、近所の雌猫の所へ通うようになった。
イソジンはむくれて北海道で家出した。さんざんな猫探しの末、首輪に前足がはさまって動けなくなり、衰弱したイソジンを見つけた。
それ以来イソジンは先生に特別な恩義を感じるようになり、他の人には近寄らないけれど、運転している先生の腕にまとわりつくようになった。イソジンは先生の娘になった。越中は伊豆で脱走したまま、帰らなかった。

先生からクライミングで教わったことはいろいろあったが、ここでは省略。
最後にお会いしたのは2015年の11月29日の湯川。
車がウィングロードになり、天井が低くて暮らし難いということで、軽のバンは意外と広いですよ、という話をした。
その時に先生は顔色が悪いなと思った。車内で待っているイソちゃんにも会えた。
2016年イソジンが危篤になった。そうとも知らないで城ケ崎でイソちゃんの餌を贈った。
3月12日にイソジンが死亡。先生は「その3時間後に53歳になった。」

肺腫瘍のことを聞いて本当にビックリ。
身罷られて悲しみは尽きない。
しかしクライミングに心血を注いだ人生は充実していただろう。
ネコとの6年間も幸せだったのではないだろうか?
今頃やっとイソちゃんに会えて喜んでいらっしゃるかな?

手が疲れるまで私の頸や脚をマッサージしてくださった。
講習生がそれぞれ湯川のバンパイア、サイコキネシス、北京の秋をリードするのを見て「いとうれし」と書いてくださった。
北京の秋、人工でリードしているのを喜んでくれる人が他にあるだろうか。

吉田先生、本当にありがとうございます。
ゆっくりお休みください。
スポンサーサイト
2016.09.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://s2339.blog43.fc2.com/tb.php/743-ba609634