さちのひとりごと

チキンハートなクライミング。

ジムでの登り

2017年1月22日(日)
2週間ぶりでジムに行った。Pump川口
最近は仕事を終えて夜にジムに通う体力がなくなり、もっぱらトレーニングは近所のプールでの水中歩行。
ジムは平均で月1回になった。
これでは体が登りを忘れてしまう。

どうしてこんなに、5.9で息が上がってしまうのか?

怪我の後7月末からジム・クライミングを再開した。
再開当日からリードした。
その頃の方がまだ楽に登れていた。

私の登りは、ジムの薄被りでも足でスメアリングして、自分にとって楽な体勢を作ることが多い。
しかし怪我当初医者に言われた「腕中心に行く簡単なクライミングはできるでしょう。スメアリングはできるようになりません。フットジャムはもってのほか。」
なんか、その通りになってきた。

自分の得意技であるスメアリングを体が忘れている。
スタンス→スタンスで腕が消耗する登り方になっている。
体重は7月と同じ。
酒の飲みすぎ?あまり変わっていない。

自分の中から、「スメアリング」が消去された。
体が自分の登り方、忘れてしまった。
スポンサーサイト
[ 2017/01/23 18:52 ] PUMP | TB(0) | CM(4)
Never give up!
「Alone on the wall」を読みました。「MERU」を見ました。彼らとはレベルが違い過ぎますが、勇気をもらいました。
頑張りましょう。
[ 2017/01/23 20:12 ] [ 編集 ]
MERUは観てみたいですが、よくわからないですよ。
けど、クライミングは楽しめています。
ファン・クライミング十分です。
[ 2017/01/23 20:23 ] [ 編集 ]
メルーは何年か前に買ったReeI Treckに収録してありました。
メルー峰シャークス・フィン。長く美しいピラーは、山がここを登っ見ろと言わんばかり。
その映像はアルパインクライマーだった私の琴線に触れました。
登攀の全てが必要なルートです。そしてなによりも美しい。
あの映像が映画になるくらい、長時間撮影されていたのには驚きました。

私も左足のスメアはできません。

[ 2017/01/23 22:23 ] [ 編集 ]
私と同じになってしまいましたね。
しかし、YOUさんの場合は回復の可能性大です。
問題なのは、自分の中から消去されてしまうことです。
[ 2017/01/24 07:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する