さちのひとりごと

チキンハートなクライミング。

左足関節後側インピンジメント症候群

右の写真は距骨粉砕骨折2日後:2016年4月18日
左は9か月後:2017年1月17日 3DCTの画像です。

踵骨の骨棘


左の○の中に、鍾乳石のような物が骨折していない踵骨から立ち上がっているのがわかります。
これは粉砕して変形治癒した距骨が歩く時に踵骨を刺激して、立ち上がっていった物です。
1/17のCTと1/30のMRI、1時間に及ぶ丁寧な診察の結果、画像と私の症状が一致しているので、痛みの原因が特定されました。
これは関節鏡手術して取った方がいいのか?
取っても再発もあるかもしれません。しかし、楽になる可能性がある??
スポンサーサイト
[ 2017/02/04 09:42 ] 距骨粉砕骨折 | TB(0) | CM(2)
ガンバ
関節鏡手術と思い出すと身震いします。半月板切除で二回の内視鏡手術をしました。しかし現在は、回復して楽になりました。ご自身で納得の上、手術をして頑張って下さい。
[ 2017/02/06 10:05 ] [ 編集 ]
それがまたいろいろありまして。
また後日書きたいと思います。
[ 2017/02/06 19:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する