さちのひとりごと

チキンハートなクライミング。

檜洞丸ツツジ新道

2017年5月28日(日)
ウェルキャンプ駐車場7:45 ゴーラ沢出合8:35‐8:45 山頂 11:45‐12:35(休憩と青ケ岳山荘往復) ゴーラ沢出合 15:15‐15:30
車 16:30

急な階段
今の私のリハビリとしては、標高差1000mはきつすぎるのはわかっていました。
しかしこの時期、檜洞丸のツツジが見たくて行きました。

友人たちには一応27日(土)で案内して、天気が悪かったら28日(日)にしようと話していました。
実際には誰も参加者はいなかったので、自分ひとりの都合で28日にしました。
それを山行管理さんに連絡するのを忘れていました。
下山報告も実際の下山より1時間以上経っていて、その前に問い合わせが来ていました。
こんなことだと、下山遅れ=遭難、捜索になってしまいます。
丹沢ではdocomoはつながらないのです、auが強いです。
反省します。

出発点から沢添いを登った後、ゴーラ沢出合までは森の中の緩い道が続きます。
癒されます。足はノーダメージ。

ゴーラ沢までの森

ゴーラ沢出合で水を補給。

ゴーラ沢出合

藤がきれいです。

ゴーラ沢出合の藤

そこからは急な階段と鎖場、また随所に出てくる急登の連続です。
今日の登りはゴーラ沢の登り返しと山頂直下青ケ岳山荘にトイレを仮に行ったので、多分累積標高差1100m弱と思います。
標高1400mを超える辺りからツツジが咲いています。

ミツバツツジ

ミツバツツジ

ミツバツツジ

ミツバツツジ

清楚なシロヤシオ

シロヤシオ

白と紫の競演も見事です。

ミツバツツジとシロヤシオ1

白と紫2

ただでさえ歩くのが遅いのに、写真を撮り歩いています。
急な階段を登りきると、山頂付近の木道です。コバイケイソウの群落ですが、ここにあるコバイケイソウはなぜか花が咲かないそうです。咲いたら見事です。

木道

檜洞丸山頂は広くてブナの原生林に囲まれていて、丹沢では好きな所です・

檜洞丸山頂

檜洞丸山頂

青ケ岳山荘にトイレを借りに行きました。

青ケ岳山荘付近のコバイケイソウ

相当急なので、足に強い衝撃がかかると、激痛です。ストックで体重を殺して下ります。
下山はまた違う光線での写真を撮り、超遅いタイム。

下山途中でのヤマツツジ

ヤマツツジ


しかし、山頂からゴーラ沢出合まで1時間という、昭文社の地図のタイムはありえないでしょう。
沢で脚をアイシングすると、疲れがとれて、また歩けます。

今回はキネシオテープとウェッジ・ヒールパットという物に助けられて、何とか歩けました。

予定の1日後の下山連絡で、御心配おかけして、すみませんでした。ウェッジヒールパット
スポンサーサイト

ジャンル : スポーツ
テーマ : 登山

[ 2017/05/29 09:34 ] 山歩き | TB(0) | CM(1)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/05/30 19:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する