さちのひとりごと

チキンハートなクライミング。

大谷不動:不動裏の氷柱

大谷不動を訪れたのは3年前に2回あった。自分の実力では登れないから、また行く機会があるとは思っていなかった。
1月29日(金)上田に近い道の駅で仮眠して、
1月30日(土)9:00頃 峰の原スキー場に着いた。ところがここでクライマー返しあり。
「滑走具をつけてない人は、リフトに乗れません。」と言われた。仕方なく車で「青年の家」に移動した。
雪が積もっている青年の家の駐車場には、弱っちい私のスバル・サンバーは入れない。停める所を求めてうろうろし、除雪されている作業用駐車場に停めた。青年の家で登山届けを出そうとすると、計画書を持参してきているのに、決められた書式で書き直しさせられる。この作業に小1時間かかって、9:55スタート。
青年の家からは遊歩道にトレースがあり、まもなく「マウンテンバイク道」に合流。大谷不動11:20着。
写真はアプローチからの左岩壁左ルート。ハングが完全に崩れおちて、もろそうだ。
左岩壁左ルート
新しくなったお不動さん前にテントを設営してみれば、周りはカルパッチョさん、PUMP2の人など知り合いばかり。やっぱり行く所は同じですねえ。
12時過ぎに不動裏の氷爆へ向かった。
不動裏の氷左右
左岩壁は陽が当たって悪そうなので、不動裏に5パーティーが集中した。
まずパートナーに左ルートを登ってもらってフォローするが、全然登れない。5級+くらいある感じだ。
改造クォーク
ヘッドを外して軽くして、フィフィでリューシュがすぐ外れるように工作したクオーク。軽い分振るのは楽になったが、いまいち使い慣れない。おまけに新調したハーネスからATCを取る時に落とすという失態を演じて、気分がどよ~ん。
左ルートからトラバースして右ルートにトップロープを張ってもらったが、これがまた登れない。
アイスがどんどん下手になっている?
不動裏右ルート
写真は不動裏の右ルート。3年前よりずっと悪く感じた。
懸垂下降は夜になってしまった。
スポンサーサイト
[ 2010/02/01 10:28 ] アイスクライミング | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する