大谷不動:不動前の氷爆

2010.02.01 10:54|アイスクライミング
1月31日(日)3:30に起きて、5:15出発。5:30頃不動前の氷に着いて登攀具を身につけ、ツェルトを被って明るくなるのを待った。うとうとしていると人の気配がして、いち早くロープを結んで取り付く。
不動前の氷爆
1ピッチ目を登るパートナー。下から見ると傾斜がなさそうだが、取り付くと結構立っていて5級-くらいありそうだ。私は2~3回アックステンションでスクリューを回収した。
2ピッチ目の氷柱はものすごく硬い氷で、何度も打って壊さないとアックスが刺さらない。
ビレイ点は落氷が雨あられ。肩に大きいのを1発くらってしまった。
フォローする時もスクリューがなかなか回らない。3年前の左岩壁の3本より難しく感じる。散々苦労して終了し、左へ回り込んでブッシュの中を2ピッチ懸垂下降した。ロープが絡まる。7:00~12:00
不動前2ピッチ目
不動前2ピッチ目を登る後続P
テントに戻り13:00。左岩壁は登れないと思っていたが、隣のテントのまりさんらに情報を聞けば、登れたとのこと。ただ雪氷であり、スクリューはセットしても効かない状態とのこと。
ゆっくり片付けてお茶を飲み、14:00出発。マウンテンバイク道から青年の家へ上がるトレースを見落としてしまったようで、スキー場まで来てしまった。仕方なくスキー場をわかんで登った。
左岩壁の3本
アプローチからの左岩壁の3本:左、中央、右の各ルート。
今回わかった最短アプローチ法は、スキー場に車を置きリフト1本分を歩いて登り、マウンテンバイク道をショートカットしながらわかんで下るのがいちばん速い。私の足でも1時間くらい?だと思う。
スポンサーサイト

コメント

No title

わあ~、いいですね。大谷不動。
私も2年程前に1度連れて行ってもらったことがあります。
修行してまた行きたい…と思いながら、なかなか遠い。。。

やっぱりいいですね。氷の世界。。。

No title

こんなのはとても自分でリードできないです。
また来る機会があったのが不思議です。
久しぶりにカルパッチョさんとお会いして、盛り上がりました。
非公開コメント

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

プロフィール

さち

Author:さち
さちです!
写真は家にいる雌ライオン「さち」

月別アーカイブ

ブログで世界旅行(スイス編)



presented by スイス旅行

FC2カウンター

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

English English得袋.com

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード