FC2ブログ
「氷だけは男の世界。」
いつもクォークが同じ所に決まらない。確実な打ち込みができない。
そんな私の悩みを解決してくれたのが、クォークのヘッドを除去して軽くしたことだ。
もうひとつ、フィフィ付きのリューシュというのを教わった。
フィフィ付きリューシュ
つまりリューシュから手を外すのではなく、身体を上げるとバイルから勝手にリューシュが外れてくれる。
しかしクライミング中ずっと手にリューシュが付いているから、フィフィがいろんな物に引っかかる。
昔から「私にはリューシュレスは無理。グリップ力がないから。」という固定観念があった。
しかしこのフィフィ付きリューシュが勝手に外れてくれた後、付け直すのが面倒くさく、いつのまにかリューシュレスになっていることが多い。なら、右手だけでもできないかな・リューシュレス。
私がクォークを買ったのは2002年頃。その頃グリップレストが付いてなくて26000円くらい。
2003年シーズンからグリップレスト付きで同じ値段。ああ、悔しい~。
そこで後付けグリップレスト1672円×2個を買った。
後付けグリップレスト
買う前に知人(男性)の話:「これを付けるにはクォークの硬いシャフトをカッターで切らないといけないから、まる1日かかるよ。」
カモシカの店員さんに「何とか付けていただけませんか?」
「これを付けるのはとても大変なので、頼まれてもお断りしています。僕も店が終わってから作業して3日(3晩)かかりました。」
1年かかって付けてやるぞ!
スポンサーサイト
2010.03.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://s2339.blog43.fc2.com/tb.php/99-5949f9a8